“セガ”によるマーベルタイトル新作の計画は存在しない、マーベルのVPが明言

2012年3月7日 18:09 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Sega」

これまでキャプテンアメリカやアイアンマン、ソーを筆頭に映画化されたマーベル作品のゲーム化を多く行ってきたセガですが、率直に言って全タイトルが著しいクオリティ不足に苛まれており、毎度次こそは!という状況が数年にわたって続いていました。

いよいよファン待望のアベンジャーズ映画化も具体的な輪郭を現し始め、一方ゲーム業界ではRocksteadyが開発を手掛けるBatmanシリーズが版権物の常識を単独で突破し類を見ない輝かしい金字塔を打ち立てる中、マーベル渾身のアベンジャーズが一連のクオリティでゲーム化されたらと考えると心配で夜も眠れないところですが、本日Marvelのゲーム開発部門VPを務めるTQ Jefferson氏がThe Hollywood Reporterに対し、現在の時点でセガによる追加のマーベルゲームは存在しないと発言しました。

映画作品をゲーム化することの難しさについて語ったJefferson氏は、開発時間のボリュームと、映画のストーリーラインを再び語り直す必要性の存在こそが映画ライセンス物ゲームにとって最も大きな苦悩だと発言しており、映画のプロットを厳密になぞった場合、大勢の悪漢とボス戦を備えた2時間のゲーム経験にしかならず、こういったタイトルが常にコンテンツ不足に悩まされているとの見解を示しています。

そんな状況を踏まえた上で、Jefferson氏はBeenoxによるスパイダーマンの新作が良いポテンシャルを秘めていると発言。さらにアベンジャーズに複数のゲーム化タイトルが登場すると明かし、近く何らかの発表が行われると予告しました。

という事で、アベンジャーズはゲーム作品としても待望の仕切り直しが行われるとあって、一体どこがライセンスを取得するか、そしてRocksteadyタイトルに対抗しうるポテンシャルを秘めたタイトルが登場するか、来る続報に期待したいところです。

情報元及びイメージ:VG247

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.