F2Pタイトルをプレイするユーザーの40%が何らかの購入を行っている、NPDが興味深い調査結果を発表

2012年4月24日 16:18 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「NPD」

北米のセールスデータ調査などでお馴染みの大手調査会社NPD Groupが、近年内外で台頭を見せる基本無料プレイ(F2P)タイトルにおけるインゲームアイテム等の購入率に関する興味深い調査結果を発表しました。

今回の調査は2012年2月27日から3月7日に掛けてF2Pタイトルをプレイする北米在住の2歳から99歳の6,416人を対象にオンラインの統計調査が進められたもので、F2Pプレイヤーの実に40%にも及ぶユーザーがアイテムやプレミアムサービス等に関する何らかのインゲーム購入を行った経験があるという結果が得られたとのこと。

また、NPDは購入経験のあるプレイヤーの男女比について男性の方が少額決済を行う率が高いことを始め、プレイ開始時から1ヶ月以内に決済を行ったプレイヤーのプレイ継続率が高いといった調査結果や、13歳から34歳の男性がゲームを辞めてしまう可能性が高く、女性が男性よりも長くプレイする傾向が見られるといった興味深い内容が明らかにされています。

情報元及びイメージ:Joystiq

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.