[PAX 12] 「Halo 4」マルチプレイヤーに“Grifball”モードの採用が判明、大きく様変わりしたプレイ映像も登場

2012年9月3日 15:33 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Halo 4」

昨日PAX Prime会場にて「Halo 4」のパネルディスカッションが開催され、来るマルチプレイヤーの新モードとして、かつてHalo 3で人気を博しHalo: Reachにも登場していた“Grifball”が大きな進化を遂げ再登場することが明らかになりました。(※ Grifballはお馴染みRed Vs Blueにインスパイアされ誕生したモードとしても知られる)

また、会場ではこの新“Grifball”及び“Oddball”モードの目玉として実装された“味方にスカルをパスする機能”の実演が行われ、ラグビー/アメフト的なプレイから、ハンドボール的な競技へと進化を遂げた楽しそうなプレイの様子が提示されました。

今回はこの新“Grifball”のプレイ映像と、新しいアサシネーション発動も見られる“Oddball”の解説プレイ、そして新マップ“Exile”にて行われたCTFプレイ、そして興味深いシーン満載の1時間に及ぶ“Halo 4”パネルディスカッションの全編を録画した映像をまとめてご紹介します。

スカルのパス機能により一段とスポーツらしさを増した新生“Grifball”

■ PAXパネルにて判明した“Grifball”の新情報

  • プレイヤーの装備はHalo 3版と同様ハンマーとエナジーソードのみ。
  • ゲームプレイはスカルのリスポーンが早くなるなど、よりスピーディな試合展開を想定し調整されている。
  • 9ゴール(※ スカルを相手チームのゴールに入れる)を先に決めたチームが勝利となる。
  • ハンマーは1hitキルが可能だが、スカル保持者をキルした場合、ボールは宙へ放り出される。
  • ソードは殺傷力の面で劣るが、これでキルした場合ボールは自動的にキルしたプレイヤーへと渡る。
“Exile”で行われたボールパス機能の実演、ジャンプしてキャッチするといったプレイも可能
パネルで上映された“Exile”マップでのCTFプレイ、旗を手にマグナムが使用可能となった
1時間弱に及ぶ「Halo 4」のパネル映像、見所山盛り

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.