Azure技術はたとえPS4専用タイトルであっても利用可能、Phil Spencer氏が「Titanfall」新作の話題で言及

2015年12月21日 10:24 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Titanfall」

今年3月にRespawnのボスVince Zampella氏が存在を明言し、マルチプラットフォームタイトルとして水面下で開発が進められている「Titanfall」の続編ですが、正式なお披露目時期や進捗、初代が特色としていたクラウドコンピューティングを利用したマルチプレイヤー要素など、続編の動向に注目が集まるなか、Phil Spencer氏がTwitterで次回作の大きなトピックであるクラウドコンピューティング技術について触れ、非常に興味深い見解を提示しました。

これは、初代“Titanfall”がMicrosoftのクラウドコンピューティング技術“Azure”を利用していたことに絡み、次回作のマルチプラットフォーム対応、有り体に言えば“PS4版のバックエンドがどうなるか”という問題についてPhil Spencer氏がファンの質問に応じたもので、クラウド技術をXbox Oneのアドバンテージとして独占的に扱う計画が存在するかとの質問に答えたPhil Spencer氏は次のように回答しています。

Azureサービスはいかなるゲーム、例え他のプラットフォームにおける独占タイトルであっても利用可能です。我々は誰にもこの技術の使用を控えさせることはしません。

なお、Phil Spencer氏は今回の発言が(当然ながら)特定のサードパーティタイトルを指すものではなく、Azureサービス全体に関するMicrosoftのスタンスを明確に提示したものであることを強調しており、あくまで“Titanfall”の技術についてはEAやRespawn側の取り組みであることを明らかにしています。

余談ながら、次期“Titanfall”の具体的なディテールは今のところ全く報じられておらず、対応プラットフォームだけでなく、クラウドコンピューティング技術採用の是非そのものも不明なままとなっています。

情報元:GameSpot

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその119
「4コマ:このババア」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.