バトルロイヤルシューター「PlayerUnknown’s Battlegrounds」のWeek1パッチがまもなく配信、変更点と今後の改善に関する情報まとめ

2017年3月30日 12:54 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「PlayerUnknown’s Battlegrounds」

先日、夜マップやコンソール対応を含む今後の予定についてご紹介した新作バトルロイヤルシューター「PlayerUnknown’s Battlegrounds」ですが、新たにBlueholeが予告通り公式サイトを更新し、直近のアップデートとパフォーマンス改善に関するスケジュールとディテールを報告。さらに日本時間の本日午後5時頃に配信される“Week 1”パッチをアナウンスし、多数の修正と改善を含む変更点の詳細を明らかにしました。

今回は、“Week 1”アップデートのパッチノートとSteam Early Access期間中の主要なアップデートスケジュール、今後のパフォーマンス改善に関する取り組み、銃声にまつわるサウンドの解説をまとめてご紹介します。

第1弾のEarly Accessハイライトリール、早期アクセス期間中に毎週新たなハイライトリールを公開予定

■ Steam Early Access期間中のアップデートスケジュールについて

  • Steam Early Access期間中は3フェーズのアップデート展開を予定している。
  • デイリーアップデート:サーバパフォーマンスの改善
  • ウィークリーアップデート:クライアントのパフォーマンスとバグ修正、安定性改善。
  • マンスリーアップデート:新コンテンツの導入やゲームプレイのバランス改善。

■ 既知の問題

  • まれに建築物が描画されず壁を越えてプレイヤーを見通すことが可能となるバグが存在する。現在原因の調査が進められている。

■ サウンドについて

  • 銃声について:ゲーム内の銃声には、発砲した箇所とこれを聞くプレイヤー間の距離に基づく伝播遅延が存在する。サウンドの伝搬速度は秒間340mで、プレイヤーの340m先でピストルが発砲された場合、まずマズルフラッシュが見え、その1秒後に銃声が聞こえる。
  • また、屋内または射視線上にない銃声向けのリバーブやローパスフィルタ、オブストラクション/オクルージョン(壁等による音の減衰)といったサウンドエフェクトは適用されていない。
  • 銃弾が音速を超える場合、ソニックウェーブのサウンドエフェクト(いわゆる“パーン!”という大きな音、一般的にはこれが銃声と認識されているケースが多い)と弾丸の飛翔音が生じる。本作に登場するほとんどの武器は音速を超えていることから、実際の発砲音(火薬の爆発)が届く前にソニックウェーブと飛翔音が聞こえる結果となる。以下、1,000メートルの距離でAWM(砲口初速900m/秒)を使用した場合に生じる現象。
    • 1:マズルフラッシュを視認。
    • 2:約1秒後にソニックウェーブ音と飛翔音が聞こえる。
    • 3:約3秒後に実際の発砲音が聞こえる。
  • 現行のパブリックビルドは、すべての弾丸がソニックウェーブ音を生じさせている。現在ここに弾速をチェックするメカニクスを追加し、弾速が音速より遅い場合にはソニックウェーブ音が生じず、飛翔音のみ生じるよう改善される。
  • 近くサウンドエフェクトに関するQ&Aセッションが行われる予定。

■ クライアントのパフォーマンス最適化について

  • 4月14日配信予定:最初のパフォーマンス改善は、CPUの負荷軽減とGPUの十分な活用を想定している。これに伴い、オブジェクト密度の高いエリアのフレームレートが安定する予定。
  • これとは別にさらなる最適化が進められる。ステップは以下。
    • ステップ1 – アートアセットの最適化:遠方の建築物用LODの頂点数を減少させることで、地形上の頂点数を全体的に減少させる。(4月7日実装予定)
    • ステップ2:地形と海面シェーダーのレンダリングパフォーマンス向上。(実装時期未定)
    • ステップ3:建築物近くの壁を再整理するCPUのさらなる負荷軽減。(未定)
    • ステップ4:ビデオメモリの使用率軽減。(未定)

■ オセアニアと南米サーバの追加

  • 本日配信されるクライアントアップデートに併せてオセアニアと南米地域のサーバが稼動を開始する。これらのサーバは地域独自のスコアボードを特色とする。

■ Pingロック機能の導入について

  • サーバ向けにPingロック機能の実装を検討している。Blueholeは異なる地域の友人とプレイできる機能を制限したくないと考えているが、高Pingプレイヤーの問題についても真摯に受け止めているとのこと。
  • 今のところ導入時期は不明で、まずはサーバのパフォーマンスと安定性の向上が優先される。

“Week 1”パッチノート:3月30日KST午後5時/PDT午前1時/UTC午前8時、日本時間の30日午後5時配信予定

■ 新サーバの追加

  • オセアニアと南米サーバを追加。

■ サーバパフォーマンスと安定性向上

  • ゲームサーバのパフォーマンスが徐々に下がる問題を修正。
  • 幾つかのサーバクラッシュ問題を修正。

■ クライアントの安定性向上

  • クライアントがクラッシュする幾つかの問題を修正。

■ クライアントの最適化

  • グラフィックスオプションに描画距離の設定を追加。

■ ゲームプレイの変更点

  • エンドゲームの競技エリアにおける移動速度の調整。
  • ロビーの武器サウンドボリュームを調整。

■ ユーザーインターフェース

  • ビークル搭乗時と非エイム時の照準を削除。
  • アイテムに近い状態で耐久性を直接視認できる機能を追加。

■ バグ修正

  • しゃがみ移動時におけるサウンドボリュームのバグを修正。
  • インベントリを開いた際に性能が劣化する問題を部分的に修正。
  • キャラクターがあるエリアの地面より下方に移動可能だった問題を修正。
  • チームプレイモードにおける観戦時の被写界深度エフェクトを削除。
  • キャラクタークリエイトシステムに関するバグを修正。
  • ダウンしたプレイヤーが蘇生中に死亡した場合に、プレイヤーが蘇生アニメーションのままスタックする問題を修正。
  • PLAYERUNKNOWNのHi-Topトレーナーの描画バグを修正。
  • プレイヤーが樹木または壁の後ろに隠れている際にビークルからダメージを受けるバグを修正。
「PlayerUnknown’s Battlegrounds」
(発砲音とソニックウェーブ音、飛翔音からなる)銃声及び、発砲者と聴者、弾道の関係を表した図
情報元及びイメージ:PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその132
「3コマ:えっ」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.