ビデオゲーム事業に本格参入した「マーベル」がVRタイトルの計画を進行中、ファンを熱狂させるVR体験を予告

2017年5月8日 14:55 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「 Marvel Games」

Tomb Raiderの“Crystal Dynamics”と新生Deus Exの“Eidos Montréal”が開発を手掛けるアベンジャーズ作品や、“Insomniac Games”が開発を手掛けるスパイダーマン、“Telltale Games”によるガーディアンズ・オブ・ギャラクシーなど、SEGAとActivision時代の粗製乱造を払拭する本格的なビデオゲーム事業の展開を進めている「マーベル」(Marvel Entertainment)ですが、新たにマーベルのビデオゲーム事業を率いるベテランJay Ong氏がGameSpotのインタビューに応じ、VRに対する取り組みに言及。近くファンを熱狂させるVR関連の発表を幾つか行うと予告し話題となっています。

Jay Ong氏は、前述したコンソール作品やモバイル向けの取り組みに加え、VRの可能性に注視していると語り、今のところ具体的な情報は明かせないと前置きした上で、昨年の終わり頃にVRに絡む深い調査を終え、本当にクールな経験を確認することができたと説明しています。

続けて、VRに関する取り組みに尻込みしないと語った氏は、取り組みは水面下で確実に進められていると述べ、近いうちにファンを熱狂させる驚くべき幾つかの発表を行うと予告しました。

今のところ、VRプロジェクトに関する詳細は不明ながら、Jay Ong氏は前述したスパイダーマンやアベンジャーズと同等のものとしてVRの計画を捉えていることを強調しており、来るE3あたりで何か具体的なアナウンスが行われるか、続報に大きな期待が掛かるところです。

余談ながら、2014年にマーベルのビデオゲーム部門を率いるVPに就任し、その後の取り組みを一新したJay Ong氏は、かつてMicrosoftとEAのビジネス開発を率い、2010年以降はBlizzard Entertainmentの要職を務めた産業のベテランとして知られています。

情報元:GameSpot

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.