極寒のシベリアが舞台となるサバイバルシューター「Dead Dozen」の本格的なゲームプレイフッテージが公開、開発はThe Wild EightのFntastic

2018年1月29日 13:02 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Dead Dozen」

極寒のアラスカで生き残った飛行機事故の生存者8人のサバイバルを描く野心作“The Wild Eight”を手掛けた“Fntastic”(旧8 Points)の新作として、昨年11月にアナウンスされたマルチプレイヤーサバイバルホラーシューター「Dead Dozen」ですが、新たに“Fntastic”が最新のアルファビルド(Raw Alpha 1)を利用した本格的なプレイ映像を公開しました。

“Dead Dozen”は、最大12人のプレイヤーが4人の生存者と感染者(グール)に分かれ戦う非対称マルチプレイヤー作品で、生存者は4つのクラス(Scout/Offense/Support/Defense)に分類され、死亡後はグールとなり生存者を襲うラストマンスタンディング的なルールを特色としています。

新たに公開されたAlpha 1ビルドのゲームプレイ
参考:アナウンス時に公開された“Dead Dozen”のティザートレーラー

1993年冬、シベリア奥地の遺棄されたソビエトの調査基地で、12名からなる正体不明のグループが謎の勢力により人質にされた…

DEAD DOZENは、マルチプレイヤー対戦型のアクション・ホラーゲームです。ゲームでは、プレイヤーは死んでからグールになります。まずは、戦利品を集め、バリケードを作って守り、協力して、生き残っている者のために戦ってください。死んでからは、もと仲間だった人間たちに侵入し、感染し、食べつくして、グールのために戦ってください。

なお、本作の開発を手掛ける“Fntastic”は、寒さの厳しい(南極を除く世界最低気温を記録した)サハ共和国のヤクーツクで活動するスタジオで、デビュー作“The Wild Eight”をパブリッシャーHypeTrain Digitalに売却し、“Dead Dozen”の開発に注力していました。

「Dead Dozen」
情報元及びイメージ:Fntastic, PC Gamer, PC Gamer, DSOGaming, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその130
「2コマ:想像通りの美食家」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.