初代と続編を同梱するNintendo Switch版「Reigns Kings and Queens」がアナウンス、発売は2018年春

2018年3月21日 1:39 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Reigns Kings and Queens」

先ほど海外で放送された“Nindies Showcase Spring 2018”にて、2択のスワイプ操作だけでゲームが進むシンプルな人気アドベンチャー“Reigns”と続編“Reigns: Her Majesty”を同梱するNintendo Switch版「Reigns Kings and Queens」がアナウンスされ、2018年春の発売を予定していることが明らかになりました。

参考:続編“Reigns: Her Majesty”のローンチトレーラー

参考:初代「Reigns」の概要

現代に生きながら中世の君主となり、一国を治めよ!慈悲深い裁量も、冷酷な決断も、左右に揺れるコントローラーの操作ひとつで思いのまま。家臣から平民まで、敵味方を問わずひっきりなしに訪れる謁見希望者たちが、王を悩ませる数々の試練をもたらす。彼らの訴えを、ときには聞き入れ、ときには受け流しながら、国内の各勢力のバランスを保ち、国の存続を目指せ!ただし、判断は慎重に。すべての決断は、めぐりめぐって王国の命運を左右する重大な結果をもたらしかねないのだから――

王国を見舞う予期せぬアクシデント: 教会、人民、軍、国庫――4つの勢力のバランスを保とうと奮闘する王のもとには、毎年、予期せぬ要望が次々と持ち込まれます。入念に計画を立て、慎重な判断を重ねれば、治世は末永く続くでしょう。ただし、不測の事態や不運に見舞われれば、いかに盤石な王国といえども転覆の危機にひんすることをお忘れなく。

国を繁栄させよ: 同盟を結び、敵を作り、国を長く治めたのち、王はどんな最期を迎えるのでしょうか?魔女の火あぶり、科学的大発明、陰謀じみた政治の駆け引き…いくつもの時代をまたぐ王朝が目の当たりにするこれらの事件は、ときには数世紀にもわたって続きます。そしていずれは、悪魔とあいまみえることすら、あるかもしれません…

王家の目標を達成せよ: 即位の日に提示される目標を達成すれば、自らの功績を後世に伝えることができるでしょう。新たなカードや、今まで知らなかった王国の一面も発見できるはずです。

独特のアートとBGMが織りなす唯一無二の世界: Disasterpeaceが手がける荘厳かつ優美なサウンドトラックと、大胆なテイストのグラフィックスが見事に融合。一国の王にふさわしい至高の世界をお楽しみください。

参考:続編「Reigns: Her Majesty」の概要

「Reigns: Her Majesty」は、スワイプ操作だけで王国を運営するシンプルさが話題となり、スマッシュヒットを飛ばした政治アドベンチャーゲーム「Reigns」の革命的な続編。文化的復興が叫ばれ、世界が新たな知識と啓蒙の時代を迎える中、王国内には相も変わらず、醜い欲望や嫉妬が渦巻いています。善良なる女王や王配を追い落とそうとする政敵たちを出し抜けるかは、今回もまたプレイヤーのスワイプひとつ次第。国家運営のよもやまごとに対し、時に公平で、時に不公平な決断を下しながら派閥間のバランスを取り、時には魔法のアイテムも使用して、理想の王国を築き上げましょう。そして徐々に複雑さを増していく政治の世界で巧みに立ち回り、出会いや別れを繰り返しながら、偉大な女王として歴史にその名を刻み込みましょう。

新たな王国、新たなドラマ。一国の女王として長期政権を築いていくには、賢明な布告を出すことはもちろん、愚かな政策を進言してくる家臣や、感情的な要求をぶつけてくる臣民にうまく対処することが必須。敵対する勢力のバランスを巧みに保ちながら、あなただけのドラマを紡いでいきましょう。

神秘のアイテム。今作では新たに5つの特殊なアイテムが登場。強化可能なこれらのアイテムを特定のキャラクターに使用すると、新たなルートがアンロックされ、王国のストーリーはより複雑に広がっていきます。

女王に課される試練の数々。新たな君主には毎回いくつかの目標が与えられ、クリアすると新しいカードセットがアンロック。王国の物語は予期せぬ新展開を見せます。

Nerial社とその仲間たち。「Reigns: Her Majesty」はFrançois Alliot(デザイン/プログラム)、Arnaud de Bock(アート)、Jim Guthrie(音楽)、Leigh Alexander(ストーリーディレクター)のコラボレーション作品です。

イメージ:Twitter

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその135
「4コマ:開け損」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.