高機能なキャラクターアニメーションやカットシーンの編集が確認できる「Dreams」のGDCライブ配信映像がお披露目

2018年3月27日 11:16 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Dreams」

先日、“Train Jam”を通じて制作されたデモの映像をご紹介したMedia Moleculeの期待作「Dreams」ですが、先日予告通り新ビルドを用いたGDC向けのライブ配信が実施され、44分強に及ぶ驚きのプレイ映像が登場しました。

今回のライブ配信は、洞窟のロケーションやカットシーンの作成、DUALSHOCK 4を用いた編集やキャラクター操作、キャラクターのアニメーションを作成するPuppetの編集といった要素にスポットを当てたもので、非常に高度なタイムライン編集やMedia Moleculeの開発者による見事なレベル構築、キャラクターアニメーション用Puppetの驚くほど詳細なパラメーターや手付けのフレーム打ち、3D空間に直接描かれるスケマティックビュー風の編集機能など、文字通り“魔法”のようなツールと機能の数々が確認できる必見の映像となっています。

“Dreams”は、純粋なサンドボックス作品としてクリエイティブ自体を遊びにしてしまうことを1つのコンセプトとしており、LittleBigPlanetのゲームプレイとクリエイトの間に存在したある種の隔たりにフラストレーションを感じていたMedia Moleculeが、ゲームプレイそのものにMedia Molecule的なクリエイティブを融合させた作品として注目を集めています。

また“Dreams”は、(ラスタライズ時まで含め)従来のポリゴンを用いないボクセル/スプライン/ポイントベースの内製エンジンを採用しており、数十億規模のボクセルで構成されるスケーラブル且つ高精細なオブジェクトの描画を実現しているほか、メタボール風の動的モデリングや品質の高いファー表現を可能にするスプライン、モーションや物理演算を併用する3Dブラシなど、非常に高機能なスカルプトツールが話題となっていました。

情報元:Dualshockers

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその135
「4コマ:開け損」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.