ディストピアと化した2315年のロシア描くアイソメトリックなネオ・ノワールRPG「The Mercury Man」が遂に発売

2018年5月22日 13:13 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Mercury Man」

今年1月に2018年Q1の発売が報じられ、当初実装を予定していたFPSパートの廃止が判明していた露“Mehsoft”の独創的な新作「The Mercury Man」ですが、その後延期となっていた本作の販売が昨日Steamでスタートし、28日まで10%オフの909円で購入可能となっています。

“The Mercury Man”は、クラシックなアイソメトリックアドベンチャーとビジュアルノベル、オールドスクールなドライブシミュレーターを融合させたネオ・ノワールスタイルの新作RPGで、全ての病気を治療する違法な万能薬の登場によって分断された世界を舞台に、前述の万能薬による処置を受けた患者達“Mercuries”を追う主人公Matthew Winds(元刑事のタクシードライバー)の物語を描くほか、ポイント&クリック型のアイソメトリックアドベンチャーやタクティカルな戦闘、ブラックなユーモアを含むダークな世界観、美しい手書きのグラフィックス、Arti-Fixによる素晴らしいオリジナルサウンドトラックを特色としています。

また、“The Mercury Man”の発売に併せて、モスクワが舞台となるMehsoftの前作“The Underground Man”が85%オフの78円で購入可能となっていますので、一風変わったアドベンチャーをお探しの方は“The Mercury Man”と併せて確認しておいてはいかがでしょうか。

参考:今年1月に公開された“The Mercury Man”の新トレーラー
参考:昨年7月にご紹介した“The Mercury Man”のトレーラー、取り止めとなったFPSパートが確認できる
情報元:

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.