噂:“Assassin’s Creed”シリーズの次回作は古代ギリシャが舞台となる「Assassin’s Creed Odyssey」か、キーチェーンの写真が流出

2018年6月1日 2:36 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Assassin’s Creed」

今年3月中旬に、DidYouKnowGamingやUnseen64シリーズでお馴染みLiam Robertson氏が「Assassin’s Creed」シリーズの次回作について、古代ギリシャが舞台になると語った未確認情報をご紹介しましたが、先ほどフランスのJeuxvideo-Liveが「Assassin’s Creed Odyssey」の名称を記載したキーチェーンのイメージを公開。これが古代ギリシャを舞台とするシリーズの次回作ではないかと注目を集めています。

これは、Jeuxvideo-Liveが匿名の内部情報筋から得たというヘルメット付きキーチェーンの写真を公開したもので、兜がはっきりとスパルタの兵士を想起させるデザインとなっているほか、カバーには同じ兵士の兜とスパルタの国章が描かれており、名称に記された“Odyssey”はやはり古代ギリシャの著名な叙事詩“オデュッセイア”を思い起こさせます。

今のところ、写真とタイトルの真偽は不明ながら、先月下旬辺りから一部海外コミュニティで“Assassin’s Creed Odyssey”に関する幾つかの噂とマップのイメージが浮上しており、プレイアブルキャラクターや一部ローマを含むロケーション、“Assassin’s Creed Origins”との関係が話題となっていました。

「Assassin’s Creed」
仏Jeuxvideo-Liveが公開したキーチェーンのイメージ

余談ながら、前述した3月中旬の噂においては、2015年頃から古代エジプトとギリシャの計画が存在していたと報じられたほか、シリーズのアートディレクターRaphael Lacoste氏がギリシャを訪れ、ギリシア正教の修道院が数多く存在する“メテオラ”を撮影していたことが判明。

さらに、“Assassin’s Creed Origins”の発表よりも1年半前にその内容を多く言い当てていたKotakuと4chanのリークには、古代エジプトとギリシャ、ローマを通じて描く新たなトリロジーの計画が存在すると記されていた経緯が知られており、“Assassin’s Creed Origins”の成功とシリーズの今後に改めて期待が掛かる状況となっていました。

情報元およびイメージ:Gematsu, Jeuxvideo-Live, Polygon, Videogamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその130
「2コマ:想像通りの美食家」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.