噂:エジプトに続く「Assassin’s Creed」の次回作は古代ギリシャが舞台か、Liam Robertson氏が報告

2018年3月19日 12:41 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Assassin’s Creed」

つい先ほど、映画“Mr.インクレディブル”をビデオゲーム化する“LEGO The Incredibles”の広告イメージが流出した話題をご紹介しましたが、この噂を最初に報じたLiam Robertson氏(※ キャンセル作品を専門に扱うDidYouKnowGamingとUnseen64シリーズを手掛け、ComicBookのライターも務める人物)がなんと「Assassin’s Creed」シリーズの次回作について言及。次回作が古代エジプトに続いて古代ギリシャが舞台になると報告し話題となっています。

これは、Ubisoftに関係する幾つかのソースから2019年の次回作に関する新しい情報が洩れ始めたと報じられたもので、もちろん真偽のほどは不明ながら、Liam Robertson氏によると、この情報元は2015年頃から古代ギリシャと古代エジプトの新作の存在を挙げ、その後古代エジプトの起用、さらにはその後古代ギリシャのプロジェクトが続くと伝えていたソースと同一とのこと。

また、氏は“Assassin’s Creed Origins”を含むシリーズのアートディレクターRaphael Lacoste氏が、2017年8月中旬に旅行でギリシャ(しかも、ギリシア正教の修道院が数多く存在する“メテオラ”)を訪れていたと紹介しており、次回作との関係を示唆しています。

昨年ギリシャを訪れていたRaphael Lacoste氏

余談ながら、“Assassin’s Creed Origins”のディテールは古くから多く流出しており、2017年6月の正式アナウンスから1年半近く前、2016年1月頃には“Black Flag”チームが開発を率いること、フランチャイズ全体のプリクエルを描くこと、鷹がペットとなること、オンラインCo-opを導入しない旨が既に報じられており、その際には古代エジプトとギリシャ、ローマへと続く新たなトリロジーの計画が存在すると(参考:過去記事)噂されていました。

エツィオ三部作とケンウェイトリロジーに続いて、隠れし者達の新たな戦いを描く“古代”三部作が現実のものとなるか、今後の動向に改めて大きな注目が集まるところです。

情報元:ComicBook, ResetEra

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその132
「3コマ:えっ」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.