“Music of the Spheres”初の公式音源化を含むレコード6枚組の超豪華な「The Music Of Destiny, Volume I Collector’s Edition Vinyl Box Set」が遂にアナウンス

2018年6月2日 11:01 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Destiny」

先日、Bungieが長年お蔵入りとなっていた“Music of the Spheres”のリリースを予告し話題となった「Destiny」ですが、本日Bungieが遂に“Music of the Spheres”初の公式音源化を含むレコード6枚組の超豪華な“Destiny”アナログサウンドトラック「The Music Of Destiny, Volume I Collector’s Edition Vinyl Box Set」を発表。2018年末の出荷に向けて、期間限定の予約販売を開始しました。(価格は99ドル)

“The Music Of Destiny, Volume I Collector’s Edition Vinyl Box Set”は、Gotta Groove Recordsがプレスした高品質な6枚の180g盤LPに“Music of the Spheres”とDestinyのオリジナルサウンドトラックを収録したもので、6枚のLPをそれぞれ収納するカスタムインナースリーブや折り込みジャケット、固有のナンバリングを記載したボックス、専用のブックレットとトラベラーのピンバッジ、MP3とAppleロスレス、FLACフォーマットを含むデジタルダウンロードの同梱を特色としています。

なお、限定ボックスセットの予約は2018年6月15日PST午後11時59分(日本時間の6月16日午後3時59分)までとなっていますので、お好きな方は早めの購入をお忘れなく。

「Destiny」

余談ながら、初代“Destiny”の誕生に深く関わった“Music of the Spheres”は、Halo Reachの発売後、Bungieのクリエイティブチームがブレインストーミング向けにアイデアの源泉となる楽曲の製作をMartin O’Donnell氏に依頼したことがきっかけとなり生まれた組曲で(後にMike Salvatori氏が参加)、Martin O’Donnell氏はコペルニクス以前の天動説をベースに、地球から視認可能な8つの天体(太陽と水星、金星、地球と月、火星、木星、土星)を表す8つの楽曲を定め、それぞれにCで始まりCで終わる8つのモチーフを用意し、ポール・マッカートニーの協力を得た楽曲“The Hope”で終える傑出した作品として大きな人気を博していました。

情報元:Bungie Store

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその133
「2コマ:やすい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.