「ボーダーランズ3」は“スラグ”属性なし、Randy Pitchford氏が新たな属性ダメージの仕様に言及

2019年4月20日 12:21 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Borderlands 3」

日本時間の5月2日午前2時(前番組は1時30分から)にスタートするお披露目がいよいよ目前に迫る「ボーダーランズ3」ですが、来る最新作のディテールとゲームプレイの解禁に大きな期待が掛かるなか、Randy Pitchford氏が最新作の属性ダメージについて言及し、前作“ボーダーランズ2”で必須の要素となっていた“スラグ”属性を最新作に導入しないことが明らかになりました。

“ボーダーランズ2”のエンドゲームにおいて、(スラグ化した敵に与える他/無属性のダメージが大幅に増加することから頻繁な持ち替えが必要となり)ビルドとプレイスタイルを制限する一因となっていた“スラグ”属性ですが、Randy Pitchford氏によると、最新作の属性ダメージタイプは(それ自身が)スラグに似た対象の脆弱性を増加させる効果を持つほか、持続ダメージのコンポーネントも用意されるとのこと。

(※ なお“Borderlands: The Pre-Sequel”については、前述の理由やElpisに関するプロット的な背景から“スラグ”が廃止され、新属性“クリオ”を導入していた)

また、Randy Pitchford氏やRandy Varnell氏を含む中心人物の発言から、最新作に関する幾つかのディテールが浮上しているほか、Jesper Kydが引き続きコンポーザーとして“ボーダーランズ3”に参加する旨が判明しています。(その他のコンポーザーについては今のところ不明)

  • 大小様々なマップが登場するが、全体的な広さはシリーズ最大規模となる。
  • 前作“ボーダーランズ2”以上のエンドゲームコンテンツが用意される。
  • “ボーダーランズ3”はオフラインでプレイ可能となる予定。
  • 武器により多くのカラーとスキンによるバリエーションが用意される。
  • “Borderlands: The Pre-Sequel”のように、周辺の環境やキャラクターに対して発言するヴォルト・ハンターのダイアログが導入される。
  • プレイアブルキャラクターが持ち運ぶ物理的なデバイス“ECHOnet 3.0”が登場。このデバイスから自動販売機や各種メニューが利用可能となる。

情報元及びイメージ:reddit

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.