idが開発を手掛ける人気シリーズ最新作「DOOM Eternal」の発売日が2019年11月22日に決定、新たなゲームプレイとマルチプレイヤーもお披露目

2019年6月10日 10:51 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「DOOM Eternal」

先ほどロサンゼルスでスタートした“Bethesda E3 Showcase”にて、新たにidのHugo Martin氏とMarty Stratton氏がステージに登壇し、人気シリーズ最新作「DOOM Eternal」のプレゼンテーションを開始。圧巻のアクションと戦闘が確認できる未見のゲームプレイ映像をお披露目しました。

また、E3向けのプレアブル出展と発売日も決定し、2019年11月22日に待望のローンチを果たすことが明らかになりました。

さらに、本作の非対称なマルチプレイヤー“BattleMode”もお披露目され、こちらについてはgamescomにて続報の解禁されるほか、今年のQuakeConをDOOMの年と定め、DOOMConとして実施することが判明しています。

『DOOM Eternal』のシングルプレイヤーキャンペーンで地上の地獄に終止符を打て

地獄の軍勢が地球を侵略し、世界はデーモンの脅威にさらされている。

今再びドゥームスレイヤーとして敵を打ち砕き、滅亡の危機から人類を救え。

このカオスを食い止める手段はただ1つ。終止符を打つ瞬間まで、行く手を阻むデーモンを蹴散らしていけ。

RAZE HELL

『DOOM Eternal』で伝説のドゥームスレイヤーとなり、その比類なきスピード、圧倒的な破壊力の武器、進化した怒涛の戦闘で、デーモンの容赦ない猛攻に立ち向かえ。最新トレーラーを視聴して、『DOOM Eternal』のシングルプレイヤーキャンペーンで待ち受けるアドレナリン全開の戦闘、ゲームプレイ、そして拡張を続ける世界観を味わおう。

今作でさらに凶悪なパワーを得て帰ってくるスレイヤーと同様に、立ちはだかる敵も一段と手強くなる。『DOOM Eternal』の過酷を極める世界でデーモンを殲滅するには、火力、スピード、積極的なリソース管理を上手く駆使して、本能のままに戦いに身を投じよう。

勝利をつかめ

次第に猛攻を強めていく解き放たれた地獄の敵を粉砕するには、アップグレードした武器やアビリティを存分に活かさなければならない。リソースは生死を分ける鍵となる。死力をかけて敵を打ち砕き、積極的にリソースを手に入れよう。必要なものがあれば、戦闘でデーモンから奪い取れ。

新登場の火炎放射器が付いたショルダーマウント式キャノンを駆使してデーモンを焼き尽くし、アーマーを手に入れろ。体力を回復するには、圧倒的な攻撃でデーモンをよろめかせてトドメを刺し、グローリーキルを狙え。弾薬は限られている。チェーンソーで敵を引き裂くことが、スレイヤーの弾薬補充には欠かせない。

次々に襲いくるデーモンとの戦いはますます熾烈さを増していく。威力を最大限に解き放つには、臨機応変な武器の使い分けが重要になる。『DOOM Eternal』のデーモン破壊システムでは敵を1体ずつ粉砕していく爽快感を味わえるだけでなく、大型デーモンのメインウェポンを狙って破壊できれば、強敵でさえも短時間で撃破できる。

またダブルダッシュやスーパーショットガン用の「Meathook」パーツを活用すれば、デーモンとの距離を一気に縮められる。『DOOM Eternal』で究極のデーモン殺戮マシーンを自在に操作しよう。ただし、戦略的に戦うための新たな要素はスレイヤーの装備だけではない。エナジーブレードの「クルーシブル」や圧倒的な破壊力を誇る「バリスタ」といった強力な新武器はもちろんのこと、切り立った壁を登る、バーから跳び越える、壁をパンチでこじ開ける、チェーンを壊すといった豊富な選択肢により、周囲の環境をフルに活用した戦闘も味わえる。

2019年11月22日(北米時間)発売予定の『DOOM Eternal』で、地球を侵略したデーモンに本当の地獄を見せつけよう。

id Software製作の『DOOM Eternal』は、2016年のThe Game AwardsのBest Action Gameの栄冠に輝いたDOOM®の正式な続編。さらなる進化を遂げたノンストップの一人称視点バトルで次元を渡り歩き、スピードとパワーが融合した究極の体験を味わおう。ゲームエンジンにidTech 7を採用した本作では、Mick Gordonの手掛ける最新楽曲が、強力な武器を手に新旧様々なデーモンを打ち倒す「ドゥームスレイヤー」の戦いをスリリングに彩る。

『DOOM Eternal』のマルチプレイヤー、BATTLEMODEを発表

『DOOM』は現在のオンラインシューターアクションの先駆けであり、そのマルチプレイヤーの歴史は1993年までさかのぼります。
ときは流れて2019年、これまでになかった全く新しいやり方でフレンドと一緒にバトルを楽しめる『DOOM Eternal』のBATTLEMODEで、id Softwareはマルチプレイヤーの革新を続けます。

3人のプレイヤー、2つのチーム、白熱する対戦

BATTLEMODEでは、1人のプレイヤーがドゥームスレイヤー、他の2人はデーモンとなって戦いを繰り広げます。スレイヤーはあらゆる武器を装備して、ジェットパックを搭載したレヴナントや頑丈な皮膚を持つマンキュバスなど、多彩なデーモンのデュオを相手に5戦3本先取の死闘に挑みます。

デーモンには、スレイヤーのスキルに対抗してクラスごとに独自の移動オプションや攻撃、アビリティが備わっているので、BATTLEMODEでは迫力のあるアクションと巧みな戦術が組み合わさったハイスピードなバトルを楽しめます。

スレイヤーは素手でデーモンを倒せる能力を持っていますが、デーモンチームは地獄の軍団を思いのままに指揮することができます。その通り。デーモンとしてプレイする両方のプレイヤーが、AI操作のデーモンを援軍として出撃させてスレイヤーを圧倒し、出し抜くことができるのです。ただし、スレイヤーにとってはグローリーキルで体力を回復するチャンスにもなるので、デーモンチームは戦いを有利に運ぶために上手く連携を取る必要があります。

これは『DOOM Eternal』の新たなマルチプレイヤーモードのほんの一部にすぎません。BATTLEMODEの詳細については、来月のQuakeCon 2019のYear of DOOMでお知らせいたします!

id Softwareが手がける『DOOM Eternal』は、2016年のThe Game Awardsでベストアクションゲーム賞を受賞した『DOOM』の続編であり、究極の融合を果たしたスピードとパワーで、次元を股にかけた怒涛のFPSバトルを体験できる作品となっています。ゲームエンジンにはidTech 7を採用。Mick Gordonの手掛ける最新楽曲が、強力な武器を手に新旧様々なデーモンを打ち倒すドゥームスレイヤーの戦いをスリリングに彩ります。

「DOOM Eternal」
コレクターズエディションに同梱されるドゥームスレイヤーのヘルメットレプリカ
「DOOM Eternal」
情報元及びイメージ:Bethesda.net, Bethesda.net

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.