コンソール版「Warframe」にガスシティの刷新や新Warframe“Wisp”を導入する“木星協約”アップデートの配信がスタート

2019年6月12日 14:24 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Warframe」

先日、来る大規模拡張パック“Empyrean”(エンピリアン)のティザートレーラーがお披露目された「Warframe」ですが、新たにDigital Extremesが40番目のWarframeや多彩な新コンテンツを導入するPS4とXbox One、Nintendo Switch版“Warframe – 木星協約”の配信開始をアナウンスしました。

木星のガスシティを刷新するリメイクに加え、新Warframe“Wisp”を含む大型アップデート“木星協約”の概要を紹介する最新のリリース情報は以下からご確認ください。

“木星協約”アップデートのハイライトを紹介するトレーラー
新Warframe“Wisp”
ガスシティの新旧比較映像

WARFRAME の「木星協約」が本日全てのコンソールに登場敵対する混合のライブイベントに飛び込み、40 番目の Warframe「Wisp」を使って再設計されたガスフィールドを探索し、太陽の力を感じよう。

カナダのディロッパー兼パブリッシャーの Digital Extreme のパワフルな新しい Warframe®「木星協約」アップデートは PlayStation®4, Xbox One 、Nintendo Switch™にて本日無料でプレイできます。テンノお気に入りの木星のタイルセット「ガスシティ」のグラフィックスが完全に改良され、リメイクされた環境と新しいパルクールの動きを楽しめるようになり、空を飛ぶ恐ろしいエイドロンの新たなボスなどのさまざまな新しい敵と戦うことができる。

「Warframe」
対決し、AldaV の交配種の怪物たち、Amalgam を倒せ

最初の Warframe の環境がリメイクされた「木星協約」では、広大な地形が整備され、驚くほどのガス惑星のビジュアル、フィールドの隅から隅まで、見た目や感覚が一新されている。俊敏なパルクールのスキルを使って、テンノは空中に飛び上がって、浮遊したステーション、遠方にあるプラットフォーム、クロスバー、アンテナなどに飛び移り、内部の高い所を探索したり、新しい危険に直面したり、外でチャンスをうかがったりすることができる。

グラフックを改良された怪物たちが空想と現実が入り交じる、プレイヤーたちをゲームの特徴と深まる知識に入るようデザインされた環境を発揮する。

古くからの敵である Alad・V のセンティエントの技術を用いた常軌を逸した実験が、「アマルガムの変種」と「ジェットパック・エージェント」というおぞましいサイボーグのようなものを生み出した。Alad V の実験室は、さらに邪悪な策略を巡らせている。新たな「妨害」、「救助」、「スパイ」ミッション、新しいゲームプレイモードである「破壊」を通して、テンノは迫りくる戦争の土台を築く可能性のある恐ろしい言い伝えの断片をつないでその全貌を明らかにした後、ガスシティ最強の危険な敵であり絶えず存在する脅威である「ロパロリスト」に立ち向かう。

「木星協約」には、2019 年の 2 番目の新たな Warframe であるエセリアルな「Wisp」が登場する。プレイヤーはバトルフィールドを空中移動し、光をベースにしたアビリティで味方をサポートする一方、ユニークなパッシブを使って空中で透明になったり、4つの破壊的アビリティを使用し焼却することができる。

Warframe の「木星協約」は本日無料で PlayStation®4, Xbox One, Nintendo Switch™にてダウンロードができます。

Warframe コミュニティーに参加しませんか?まずは forums に参加して話すことから始めよう。 ぜひ Warframe の公式ウェブサイト www.warframe.com/ja をチェックしよう。開発チームからの最新情報を見逃さないよう、Warframe の Twitch, YouTube, Twitter, Facebook, Instagram.アカウントのフォローもどうぞお忘れなく。

Digital Extremes について

James Schmalz が 1993 年に設立した Digital Extremes は世界でトップクラスの独立系ビデオゲーム開発スタジオの一つに位置づけられています。Digital Extremes は『Unreal』や『UnrealTournament』 (そしてその全バージョン) を含む、Epic Games の数百万本を売り上げる『Unreal®』フランチャイズ の共同製作から始まり、続いて『Dark Sector®』、PlayStation®3 向け『BioShock®』、『 BioShock 2』のマルチプレイヤー・キャンペーン、『The Darkness® II』の開発を行いました。このスタジオは基本料金無料のアクションゲーム『Warframe®』で同社にとって批評面・商業面で最高となる成功に達し、PC、PS4™、Xbox One では 3800 万人以上の登録ユーザーによるグローバルなコミュニティを誇っています。Extremes に関する詳細については、www.digitalextremes.com にアクセスしてください。『Warframe』に登録するには、www.warframe.com/ja にアクセスしてください。

情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.