新たな敵“Kuva Lich”の早期ローンチや新型フレーム“Grendel”を導入する「Warframe – 古き血統」アップデートが国内向けにアナウンス、PC版の配信はまもなく

2019年10月21日 16:33 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Warframe」

先日、Prime Access版“Atlas Prime”のディテールが報じられた「Warframe」ですが、新たにDigital Extremesが国内向けにプレスリリースを発行し、新たな脅威となる“Kuva Lich”の早期ローンチや新型フレーム“Grendel”を含む多彩な新コンテンツを導入する最新アップデート“古き血統”の概要を公開しました。(PC向けの配信はまもなく)

KUVA LICH の早期ローンチ、新規 WARFRAME である GRENDEL の追加、エンペリアンの基盤を固める「古き血統」アップデート

近接戦闘アップデート、 Ember および Vauban のリワーク、Vampiric キャバット、Titania のデラックススキンコレクションなど、内容盛りだくさんのアップデートが PC で近日公開

Warframe®サーガの壮大なる次章となるエンペリアンの公開が迫る中、カナダのデベロッパー兼パブリッシャーの Digital Extremes は PC 版で近日公開予定の「古き血統」 アップデートにおいて、プレイヤーごとに個別化される新たな敵である Kuva Lich の早期導入をはじめとする様々なコンテンツの追加を予定しています。また、「古き血統」アップデートは新 Warframe のGrendel の追加、既存の Warframe および近接戦闘の有意義な見直しなど、盛りだくさんの内容となっています。

Kuva Lich の早期ローンチにより、プレイヤーごとに個別化された厳しいチャレンジが追加

エンペリアンの一部として TennoCon 2019 で初めて発表された Kuva Lich ― プレイヤーたちと共生的な関係を持つ狡猾な存在です ― が、予定よりも早く「古き血統」アップデートで登場し、プレイヤーは今年中にローンチ予定のエンペリアンによって成長および変化を遂げる新たなオリジナルのゲームシステムの一部を垣間見ることができます。

Kuva Lich とその仲間たちは Origin 太陽系全域でプレイヤーたちに激しく襲いかかります。テンノたちは彼らを追い詰め、打ち破るために手がかりを解き明かさなければなりません。しかし、Kuva Lich は倒すたびに新たな形態に進化し、成長してより強力になり、テンノの能力を吸収し、資源と仲間たちを蓄えていくため、プレイヤーにとって戦いの状況は劇的に変化していきます。戦いの舞台は惑星上だけでなく、今後のアップデートで深宇宙の宇宙船などにも広がっていく予定です。

不死の Kuva Lich を打ち破る唯一の方法は、究極の殺傷力を持つ隠されたデータブレードPARAZON を使うことです。もちろんテンノには万全の準備が求められます!

膨大な食欲を持つ Warframe である Grendel が、胃が痛くなるような新たな戦い方を見せつける

敵にとっては悪夢のような捕食者でありながら、味方にとっては思いやり溢れる解放者であるGrendel — 42 番目の Warframe ― は、敵を飲み込み、吐き出すという、胃が痛くなるような能力を持っています。これらの能力は味方に力を与えると共に敵には大きなダメージを与え、敵を文字通り手も足も出ない状況に追いやることができます。

Grendel はゲーム内にて無料で入手可能なパーツから作り上げるか、ゲーム内マーケットでの個別購入、または Grendel の独自武器、新たなヘルメットやシャンダナが含まれるバンドルの購入によって入手できます。

Grendel の全能力の解説をはじめとする詳細情報については、 Warframe.com をご覧ください。

Melee Changes: Phase 2 により、近接戦闘がより合理的かつ直感的に

「古き血統」で導入される Melee Changes: Phase 2 により、Warframe の超高速の近接戦闘に意義深いリメイクが施され、合理化され、深みを増し、多様化した近接戦闘が実現します。

コンボシステムは刷新され、コンボの起動、連携、完成がシームレスかつ直感的になり、Heavy Attacks の追加により敵を浮かせることができるようになるなど、多くの要素が変更、追加されます。Melee Changes: Phase 2 により、プレイヤーは近接戦闘において致死的かつ多様な攻撃を繰り出すことが可能になります。

Melee Changes: Phase 2 のさらなる詳細については、Warframe.com の Developer Workshop

フォーラムの記事をご覧ください。

EmberとVaubanのリメイクにより強力な能力が追加、新たなスキンコレクションおよびペット用アーマー、など

「古き血統」アップデートを締めくくるのは、Ember と Vauban のリメイクです。このリメイクでは新鮮で刺激的なプレイフィールを提供しつつ現在の Warframe のゲームプレイによりフィットするよう、ステータスの調整、コアアビリティの見直しが行われます。また、驚くべき新たなコレクション要素により、プレイヤーの装備を多様化します。

  • Vauban には新たな爆発物が追加され、敵集団の動きを止め、ダメージを与える戦術を補うため、機動力と攻撃力が強化されます。
  • Ember の新たな Immolation ゲージは、精度が重要となる新たなチャレンジを提供します。アビリティの使用によってメーターが溜まっていき、Ember の防御アーマーが発生しますが、限界を超えると強烈なダメージを与える熱波が発生し、無防備な状態になります。
  • Titania のデラックススキンコレクションにより、敵を幻惑し恐怖を与える、美しい外見を作り出すことができます。デラックスコレクションには、威厳あふれる Titania の新スキン、独自の Diwata および Pixia 武器のバリアント、新アーマーセット、新たなガンブレードスキンが含まれます。
  • 戦場に不気味な味方を連れて行きたいプレイヤーは、新たなヴァンパイアのキャバット、Vasca を育ててみましょう。
  • Tigris ショットガンをテーマにしたアーマーコレクションで、キャバットとクブロウの外見に洗練された魅力を加えてください。

Ember と Vauban の リメイクについてもっと知るために Warframe.com にアクセスしよう。

Warframe の新しいアップデートはもうすぐ PC 版でダウンロードできます。コンソール版も今後に期待しよう。

Warframe コミュニティーに参加しませんか?まずは forums に参加して話すことから始めよう。 ぜひ Warframe の公式ウェブサイト www.warframe.com/ja をチェックしよう。開発チームからの最新情報を見逃さないよう、Warframe の Twitch, YouTube, Twitter, Facebook, Instagram.アカウントのフォローもどうぞお忘れなく。

Digital Extremes について

James Schmalz が 1993 年に設立した Digital Extremes は世界でトップクラスの独立系ビデオゲーム開発スタジオの一つに位置づけられています。Digital Extremes は『Unreal』や『Unreal Tournament』 (そしてその全バージョン) を含む、Epic Games の数百万本を売り上げる『Unreal®』フランチャイズ の共同製作から始まり、続いて『Dark Sector®』、PlayStation®3向け『BioShock®』、『 BioShock 2』のマルチプレイヤー・キャンペーン、『The Darkness®II』の開発を行いました。このスタジオは基本料金無料のアクションゲーム『Warframe®』で同社にとって批評面・商業面で最高となる成功に達し、PC、PS4™、Xbox One では 3800 万人以上の登録ユーザーによるグローバルなコミュニティを誇っています。Extremes に関する詳細については、www.digitalextremes.com にアクセスしてください。『Warframe』に登録するには、www.warframe.com/ja にアクセスしてください。

「Warframe」
「Warframe」
「Warframe」
「Warframe」
情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.