発売が迫る「Call of Duty: Modern Warfare」のバトルパスに関する情報が解禁、全ての武器とアタッチメントはゲームプレイを通じて入手可能

2019年10月18日 13:53 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Call of Duty: Modern Warfare」

2019年10月25日の世界ローンチがいよいよ目前に迫るInfinity Wardの新生「Call of Duty: Modern Warfare」ですが、新たにActivisionが公式Blogを更新し、有料DLCマップを含むシーズンパスの廃止やクロスプレイの導入、マルチプレイヤーマップとゲームモードの無料提供および全プラットフォームの同時配信など、シリーズ初となる数々の意義深い取り組みを導入する本作のゲーム内経済について報告。従来のルートボックスを廃止し、新たに多彩な外観アイテムを用意したバトルパスの導入を予定していることが明らかになりました。

さらにInfinity Wardは、発売初日に十分な経験を提供できるよう注力していること、そして全てのプレイヤーが新作をプレイし、用意された報酬を入手するための期間を予め設けておくことが重要だと強調し、10月25日のローンチ時にバトルパスの販売を開始せず、年内の導入を予定していると説明しています。

バトルパスの導入に絡む武器/アタッチメントの入手やCODポイントに関する興味深いディテールは以下からご確認ください。

  • ルートボックスシステムを用いず、新たにバトルパスシステムを導入。
  • ベース武器やアタッチメントなど、ゲームプレイのバランスに影響を与える全ての機能的なコンテンツはゲームプレイを通じてアンロック可能。
  • 本作のバトルパスシステムは、プレイヤーが入手・購入可能な全てのコンテンツを視認できるよう提示する。バトルパスはローンチ後のシーズンに併せて販売され、各シーズンにマッチしたModern Warfareテーマのクールなコンテンツが解除可能となる。
  • バトルパスシステムの導入に伴い、ゲームプレイを通じてCODポイントが入手可能となる。
  • Modern Warfareのバトルパスには、無料ストリームと有料ストリームが含まれる。ローンチ後に導入されるベース武器および機能的なアタッチメントは全てゲームプレイを通じて入手可能。
  • バトルパスとゲーム内ストアは、ゲームのバランスに影響を与えない多彩な外観コンテンツを提供する。
情報元:Activision

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.