“The Binding of Isaac”のプリクエルを描く新作ローグライク「The Legend of Bum-bo」が遂に発売、素敵な実写ローンチトレーラーも

2019年11月13日 10:23 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Legend of Bum-bo」

2016年の正式アナウンス以来、プラットフォーマーアクション“The End Is Nigh”(旧Øuroboros)や“Afterbirth+”の拡張、遺伝子組み替えネコ育成ゲーム“Mew-Genics”といったプロジェクトと平行して開発が進められていたEdmund McMillen氏の新作「The Legend of Bum-bo」ですが、昨晩遂に本作の販売が開始され、ダンボールで構成された世界とゲームプレイのハイライトを紹介するローンチトレーラーが公開されました。

傑作“The Binding of Isaac”のプリクエルとなる“The Legend of Bum-bo”は、デッキ構築要素を持つローグライクなダンジョンクローラーRPGで、マッチ4パズルを利用した戦闘やダンジョンのランダム生成、アイテムの改造とアップグレード、ダンボールを利用した愛らしいアートワーク、固有の能力を持つ4人のプレイアブルキャラクター、10体のボスと30種の敵、アニメーションカットシーンといった要素を特色としています。

Bum-boのお目当てはコイン!

『The Legend of Bum-bo』は、『The Binding of isaac』、『Super Meat Boy』のEdmund McMillen(エドマンド・マクミレン)と、James Interactive(ジェームスインタラクティブ)によるパズルベースの「デッキビルダーローグライク」ゲームで、プレイヤーは、数多くの興味深い方法で、変更、アップグレード、そして他のアイテムと組み合わせることができる多数のアイテムを収集します。 それぞれ独自の能力を持つ多くのBum-boの一人としてプレイし、さまざまなダンボールの怪物や巨大なボス、腹黒い欲望を打ち破り、叩きのめしながら、水しぶきをあげて進みましょう…

謎の存在によってコインを盗まれ、下水道へと引き込まれてしまったBum-bo。錯乱した敵、迷子の子供たち、自分自身の恐怖、そして大切なコインを盗んだ敵と直面することになります。

■ 特長

  • 編集やアップグレードが可能な100以上のユニークなアイテム
  • パッシブアビリティが発動される80以上のユニークなトリンケット
  • それぞれ独自のアビリティを持つ4人のプレイアブルキャラクター
  • ブサカワイイ10体のボス
  • 30の敵
  • Ridiculonによる素晴らしい音楽
  • アンロック多数!
  • 見ているだけで気分が悪くなること間違いなしのカットシーンアニメーション!
  • 段ボール製の「うんこ」!
情報元及びイメージ:PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.