第二次世界大戦シューター「Days of War」の早期アクセス運用が遂に終了、製品版のローンチトレーラーがお披露目

2020年2月1日 12:27 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Days of War」

2016年2月のアナウンス以降、2度のKickstarterキャンペーンを経て、2017年1月にSteam Early Access入りを果たし、その後も様々な紆余曲折を経て昨年8月にパブリッシャーが決定したDriven Artsの第二次世界大戦シューター「Days of War」ですが、本日遂に早期アクセス運用を終える大規模な2.0コンテンツアップデートが配信され、製品版の多彩なコンテンツを紹介するローンチトレーラーがお披露目されました。

Day of DefeatやMedal of Honor、Call of Dutyといったクラシックシューターにルーツを持つ“Days of War”は、Dead IslandやBatman Arkham、The Witcherシリーズに参加した経歴を持つプログラマとアーティストを擁するインディースタジオDriven Artsが開発を手掛ける東部戦線テーマのオンラインマルチプレイヤーFPSで、ペースの早いオブジェクティブ系のゲームプレイに加え、高機能なインゲームマップエディタの搭載が話題となっていました。

なお、Definitive Edition扱いとなる製品版は、12種のマップや最大32人プレイ可能なゲームモード、4勢力(米/英/露/独)と6種のクラス、クラスベースのプログレッションシステム、60種を超える武器、オフラインのBotモードといった要素を特色としています。

情報元及びイメージ:PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.