目的地表示を用いないナビゲートや梅林茂氏の起用など、期待作「Ghost of Tsushima」の新たなディテールが判明

2020年4月14日 11:30 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Ghost of Tsushima」

先日、日本語版を含む世界ローンチが2020年6月26日に決定したSucker Punchの期待作「Ghost of Tsushima」ですが、新たにOPM誌の最新号が本作のプレビューを掲載し、ビデオゲーム的な目的地表示を用いないナビゲーションやプレイヤーの行動がゲームの展開に与える影響といった非常に興味深い幾つかのディテールが明らかになりました。

  • “Ghost of Tsushima”は、歴史に詳しくないプレイヤーでも安心してプレイできる、壮大なサムライ映画のようなドラマ性をビデオゲームにもたらすことを目指しており、黒澤明作品にインスピレーションを得ている。また、作曲家として数々の映画音楽で知られる巨匠梅林茂氏を起用している。(チャン・イーモウ監督の映画“LOVERS”や鈴木清順監督の“夢二”、ウォン・カーウァイ監督の“花様年華”等で知られる)
  • 本作はウェイポイント(インジケーター等を用いた目的地表示)を使用せず、名所や道標といったゲーム内の要素と情報を用いてリアリズムを重視したオープンワールド環境の探索とナビゲーションを特色としている。
  • 会敵時のアプローチは様々で、真っ向勝負やステルスなど、多彩な戦闘スタイルが楽しめる。また、グラップリングフックを用いる敵陣地への潜入やスニークアタック、背後からのテイクダウンといった行動も可能。さらに粘着性の爆弾や炎の矢といったガジェットも存在し、敵の陣営を混乱させることができる。
  • 主人公“仁”は複数の登場人物と協力するが、プレイヤーがどういった状況下でどんな判断を下すか、その行動によってそれぞれ絆の強さが変化する。例えば、Shimuraは冥人の能力を用いるアプローチを好ましく感じていない。また、弓と剣の達人Makotoは非常に強力な仲間になる可能性を持つ一方で、彼女がプレイヤーの行動に同意しない場合は、仁と剣を交える結果になるかもしれない。
参考:“Ghost of Tsushima”のストーリートレーラー

武士の道から外れ、邪道に落ちた兵「冥人(くろうど)」となれ

時は文永(十三世紀後半)、モンゴル帝国(大元)は東方世界に覇を唱え、立ちふさがるすべての国を蹂躙していた。

東の果て日本(ひのもと)の国に侵攻すべく編成された元軍の大船団を率いるのは、冷酷にして狡猾な智謀の持ち主コトゥン・ハーン。ハーンは、侵攻の足掛かりとして対馬の攻略を企図した。

これに対抗すべく集結した対馬の武士団は、初めて見る元軍の兵略によって初戦で壊滅し、たちまち島は侵略の炎に包まれる。

だが、ひとりの武士がからくも生き延びていた。「境井 仁(さかい じん)」。仁は、境井家の最後の生き残りとして、あらゆる犠牲をいとわず、対馬の民を守り、故郷を取り戻すことを決意する。これまで歩んできた侍の道から離れ、冥府からよみがえりし者「冥人(くろうど)」として、いまだ誰も歩まざる道を進み、対馬を敵の手から解き放つのだ。

兵火の中で輝く古の美

戦のさなかであっても、戦場を離れれば、対馬のあちこちで目を瞠るほど美しい中世の日本に出会うことができる。プレイヤーは、オープンワールドで描かれる広大な自然や集落を探索し、さまざまな人々と出会い、多くの地を訪れながら、日本の美を見出すだろう。

日本各地の気候や地形、植生を取り込んで作り込まれた本作の対馬は、プレイヤーにさまざまな顔を見せてくれる――風を受けて揺れる薄(すすき)。静寂に包まれた神社。鬱蒼とした森林。集落。峻険な山々。激しい戦いのさなか、自然の調和の中に見出す一瞬の安息や、道中で助けた民と分かち合う束の間の喜びが、心の支えとなってくれるはずだ。

民のために戦え 名誉を捨てて

武士(もののふ)として名誉ある道を歩むべく鍛錬を積んできた仁にとって、元軍との合戦での対馬武士団の敗北は信じがたい衝撃であった。仁は究極の問いを突き付けられる。武士として名誉や習わしを重んじて勝ち目のない戦いを続けるのか。正道から外れようとも対馬の民を守るために為されるべきことを為し、安寧を取り戻すのか。

対馬を奪い返すためには、旧知の友からだけではなく、多くの民からも助けや導きを得なければならない。たとえ武士の道から外れようとも、新たな兵術を作り出し、あらゆる手を尽くして、残された対馬の民と故郷を守り抜け。

血と泥にまみれた苛烈な戦い

前代未聞の兵略と兵器を使いこなす恐るべき敵、元軍に立ち向かうには、己の技量を磨き上げ、新たな兵法を学ばなくてはならない。すべては対馬の地を守り、民を助けるためだ。

敵の意表をついて手合わせを挑めば、じりじりと近づき、一瞬の刀さばきが勝敗を決する、時代劇の果し合いのような迫力ある勝負が行える。弓の腕を上げれば、遠方の敵も確実に仕留める恐るべき弓取(ゆみとり)にもなれる。隠密の技を鍛えあげて、姿を隠しながら敵の裏をかき、抜き打ちで斬りかかることも可能だ。

己の流儀に合わせて武器や兵法を組み合わせ、対馬の地の利を生かし、工夫をめぐらせば、思いのままに力を発揮することができるだろう。物語が進むにつれ、柔軟な思考と新たな兵略があなたの最大の武器となるはずだ。

GHOST OF TSUSHIMA

武士の道から外れた境井 仁(さかい じん)が、冥府から蘇りし「冥人(くろうど)」となり、誰も歩まざる道を進み、対馬を敵の手から解き放つ。期待のオープンワールド時代劇アクションアドベンチャー。

  • 開発元: Sucker Punch Productions
  • 発売元: (株)ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  • リリース日: 未定
  • ジャンル: アクション/ アドベンチャー
情報元及びイメージ:PlayStation LifeStyle

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.