核で壊滅した80年代ロシアを描いた“ATOM RPG”の続編「ATOM RPG: Trudograd」の早期アクセス版発売が2020年5月11日に決定

2020年4月20日 10:31 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「ATOM RPG Trudograd」

World of TanksやAdventures of Sherlock Holmesシリーズに携わった若い開発者達が集うインディチームAtomTeamのデビュー作として、2017年11月にSteam Early Accessローンチを果たし、先日モバイル対応がアナウンスされた人気CRPG“ATOM RPG”ですが、昨日AtomTeamが本作の続編「ATOM RPG: Trudograd」を正式にアナウンスし、2020年5月11日にSteam Early Access版のリリースを予定していることが明らかになりました。

“ATOM RPG: Trudograd”は、予てから本編の大規模拡張パックとして開発が進められていた“Trudograd”をスタンドアロンな続編/拡張に改めたもので、本編の2年後を舞台に、かつて核爆発と社会崩壊のテストに絶え、人類最後の希望と考えられている大都市へと向かう物語が描かれるとのこと。

また、発表に併せて“ATOM RPG”と続編のプロットを紹介するアナウンストレーラーが登場しています。

なお、2018年末に製品版ローンチを果たした前作“ATOM RPG”は、初期FalloutやWasteland、Baldur’s GateシリーズといったクラシックにインスパイアされたターンベースCRPGで、東西の核戦争によって崩壊したロシアを舞台に、僅かに残った人類の遺物を保護する組織ATOMと巨大な陰謀を描くハードコアなタイトルとして非常に高い評価を獲得していました。

AtomTeamの報告によると、続編“ATOM RPG: Trudograd”は、独自の文化を持つ大都市を含む多彩な新ロケーションをはじめ、前作の主人公でプレイできる引き継ぎ機能、新装備やアイテム、ユーザーフィードバックに基づく多くの改善を特色としており、来るSteam Early Access版は初代の早期アクセスよりも大規模なコンテンツが実装済みで、発売後は数ヶ月毎のアップデートでコンテンツが追加されるとのこと。

「ATOM RPG Trudograd」
「ATOM RPG Trudograd」
「ATOM RPG Trudograd」
「ATOM RPG Trudograd」
「ATOM RPG Trudograd」
「ATOM RPG Trudograd」
「ATOM RPG Trudograd」
「ATOM RPG Trudograd」
「ATOM RPG Trudograd」
「ATOM RPG Trudograd」
「ATOM RPG Trudograd」
「ATOM RPG Trudograd」
「ATOM RPG Trudograd」
情報元及びイメージ:Steam, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.