宇宙空間が舞台となる独創的な中国産無重力FPS「Boundary」の発売が2020年内に延期、多彩な装備と激しい戦闘を描いた新トレーラーも

2020年4月3日 16:54 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Boundary」

中国の深センで活動するSurgical Scalpelsが2014年に開発を始動し、当初2019年内にPCとPS4向けの発売を予定していた6DoF系のSci-Fi無重力FPS「Boundary」ですが、昨晩SIEが本作の新トレーラーを公開し、続報が待たれていた本作の発売時期が2020年内に変更となったことが明らかになりました。

近未来的な装備で武装した特殊なバックパックを背負い戦う宇宙飛行士“Astroperators”達の外観と多彩な武器、宇宙ステーションが舞台となる低軌道環境、大規模な破壊表現など、興味深いディテールと圧倒的なビジュアルが確認できる最新映像は以下からご確認ください。

「Boundary」
Astroperatorsのプレイアブルクラス(3カテゴリ/9クラス)が確認できる
「Boundary」
「Boundary」
「Boundary」
情報元及びイメージ:PlayStation.Blog

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.