フラクタルな再帰的世界と愛の物語を描く新作パズル「Maquette」のPS4とPS5対応がアナウンス

2020年7月2日 0:03 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Maquette」

今年2月末に“Graceful Decay”のデビュー作としてアナウンスされたAnnapurna Interactiveの新作パズル「Maquette」ですが、先ほどGraceful DecayのHanford Lemoore氏がPlayStation Indies Initiativeの一環として、国内外のPlayStation.Blogを更新し、本作のPS4とPS5対応を正式にアナウンスしました。

“Maquette”は、エッシャー作品やマンデルブロ図のように連続する再帰的な作品世界を舞台に、現代の日常的な愛の物語を描く極めて独創的な一人称視点の3Dパズルゲームで、ゲーム世界そのものが入れ子構造となっている仕組みを利用した複雑なパズルを特色としており、メカニクスのディテールが確認できるウォークスルー映像が登場しています。

また、本作は国内PlayStation.Blogでも紹介されているため、日本語版が発売されるものと思われます。(※ 発表済みのSteam版には日本語対応表記あり)

再帰的な世界で起こる新感覚パズルゲーム『Maquette』が登場。ゲームの紹介と制作秘話をディレクターが語る

開発会社Graceful Decayがどのようにして“再帰的シミュレーションパズル”を生み出したのか

『Maquette』はパズルゲームですが、単なるパズルゲームではなく、物語の中にパズルが散りばめられているようなゲームです。今作の再帰的な世界を探索していくうちに、プレイヤーの皆さんは、恋愛中の若いカップルの思い出を掘り起こし、クリエイティブな思考でパズルを解いていくこととなります。

再帰的な世界

私たちのゲームは、再帰的な世界(世界がそれ自身の中で入れ子になったような構造のこと)で行なわれます。これだけではわかりにくいと思いますので、今すぐにできる思考実験をしてみましょう。

この実験では、『Maquette』 の世界全体が家になっていて、プレイヤーのアクションはすべてその家の中で行なわれていると想像してみてください。次にその家と全く同じ見た目をした小さな模型がリビングルームのコーヒーテーブルの上に置かれていると想像してください。模型の家を覗くと、実際の家の中にあるものと全く同じものが、小さくなって実在しています。そして、これらの家はふたつの異なる家ではなく、同時に存在している同じ世界の現象であるため、世界はそれ自身の中に入れ子になっていると考えられるのです。

この場合、家のドアを開けてから走って模型のところに戻ると、模型のドアも開いていることになります。逆に、模型のドアを指で閉めると同時に、本物の家のドアもバタンと閉まるのです。

もののサイズと操作

ここからもっと奇妙になっていきます。実際の家で持ち上げるには重すぎるものでも、コーヒーテーブルの上にある模型のものは簡単に移動することができます。そして、小さい家のものを動かすと通常サイズの家でも同様に移動するのです。

それだけではありません。ドアを開けて通常サイズの家から外に出てみると、ありえないほど巨大な家の、ありえないほど巨大なリビングルームにある、ありえないほど巨大なコーヒーテーブルの上に自分が立っていることに気がつきます。そして、ありえないほど巨大なドアもまた開いているはずです。『Maquette』では、このアイデアを一軒の家だけでなく、さまざまな空想的なロケーションで用意しています。

頭を混乱させるチャレンジ

『Maquette』のパズルは、私たちが住む世界のルールとは異なる、魔法のルールから生まれています。そのため、初めてプレイしてみると難しく感じられるかもしれません。パズルの解き方が思いつかないときは、再帰的な世界のことを考えて、それが私たちの世界とどう違うのか、そしてその違いが、現実の生活ではできないことをどう可能にするのかを考えてみてください。

私たちは、再帰的なシミュレーションを構築してから、そのユニークさを追求することで、パズルを作るのに必要な私たちだけのシチュエーションを思いついてきました。プレイヤーの皆さんが世界の秘密を解き明かしていくなか、皆さんが学んだことをベースに、ひねりを加えて新たなシチュエーションを用意していきます。

『Maquette』には、パズルとストーリーの両方の面で感動を与えてくれるものが多くあります。 まず何よりも、物理的に不可能な世界を探検したときの驚きと畏敬の念。そしてストーリーが皆さんを愛と喪失と受容の旅に連れていくなかで、パズルと再帰的なリアリティを体験して感じる「そうだったのか」、「びっくりした」という瞬間。このふたつは物理的な世界、頭の中、そして心の中で”理解”を促すメッセージなのです。

情報元及びイメージ:Gematsu, PlayStation.Blog

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.