Riotが多彩な新コンテンツを導入する「VALORANT: Act3」の詳細をアナウンス、新エージェント“スカイ”のアビリティや新マップの詳細も

2020年10月10日 2:02 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「VALORANT」

昨日、新エージェント“スカイ”の参戦が報じられたSci-Fiタクティカルシューター「Valorant」ですが、新たにRiotが国内向けのプレスリリースを発行し、10月14日に始動するAct3の新コンテンツに関する詳細をアナウンスしました。

新マップ“アイスボックス”の特徴や解禁スケジュールに加え、新エージェント“スカイ”の出自とアビリティの詳細、新武器スキンのラインアップ等を含む最新のリリース情報は以下からご確認ください。

ライアットゲームズのタクティカル FPS「VALORANT」新エージェントと新マップが登場する Act3 10 月 14 日(水)にスタート

新しい武器スキンやバトルパスなども登場

合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO:小宮山 真司)は、5 対 5 のタクティカルFPS「VALORANT(ヴァロラント)」において、新エージェント「スカイ」や新マップ「アイスボックス」が登場するアップデート(以下、Act3)を 10 月 14 日(水)に実施します。

Act3ではそのほか、近未来のハイテクな武器をイメージした新しい武器スキン「シンギュラリティー」や、各種武器やアイテムがセットになったバトルパスも販売します。また、フリーフォーオール形式(自分以外の全プレイヤーが対戦相手)の「デスマッチ」をよりプレイしやすくアップデートするほか、「ランクマッチ」ではマッチメイキングについてプレイヤーの利便性を向上させるなどのアップデートを随時行います。

「VALORANT」
新エージェント「スカイ」のイメージ

Act3のアップデート概要は以下の通りです。

新マップ「アイスボックス」(アンレートは 10 月 14 日、コンペティティブは 10 月 28 日に実装予定)

極寒の地にあるキングダムの隠された発掘現場「アイスボックス」が新マップとして登場します。2 つのスパイク設置エリアは雪と金属で塞がれ囲まれており、水平方向への展開を活かした策略が必要となります。ジップラインを活用し、敵に悟られずすばやく接近することができたり、長い射線での駆け引きが特徴的のマップです。

新マップ「アイスボックス」紹介トレーラーは コチラ https://www.youtube.com/watch?v=ICfGskU9YNU

「VALORANT」
「VALORANT」
「VALORANT」

新エージェント「スカイ」(10 月 28 日に実装)

オーストラリアからきたスカイは、獣たちと共に敵陣への道を切り開く新しいエージェント(キャラクター)です。スカイは敵を妨害する創造物を生み出すほか、味方を回復する力を持っています。彼女と行動を共にすることで、チームは最小のリスクで最大の力を発揮することができるようになります。

「スカイ」のアビリティ

  • トレイルブレイザー:フクロオオカミのトリンケットを構える。「発射」で放った猛獣を操作することができる。操作中は「発射」で前方に飛び込み、スタンを与える爆発を引き起こす。直接命中した敵にはダメージを与える。
  • ガイディングライト

    鷹のトリンケットを構え、「発射」で鷹を前方に放つ。「発射長押し」でクロスヘアの方向に鷹を動かす。飛行中に「再使用」することで、鷹を閃光に変身させる。敵が可視範囲内にいた場合、攻撃が命中したかどうか確認することができる。

  • リグロウス

    ヒーリングトリンケットを構える。「発射長押し」で詠唱を行い、可視範囲内にいる味方を回復する。回復可能量を使い切るまで再使用できる。自分自身を回復することはできない。

  • シーカー:【アルティメットアビリティー】シーカートリンケットを構える。「発射」で 3 体のシーカーを放ち、最も近くにいる敵 3 体を追跡させる。シーカーがターゲットに到達すると、対象の視界を悪化させる。

新エージェント「スカイ」トレーラーは コチラ

「VALORANT」

新エージェント「スカイ」との契約

VALORANT では、エージェントをプレイすることで、そのエージェントのティアがアンロックされていき、ティアに応じてスキンやアイテムなど様々なものを得ることができます。新エージェント「スカイ」をプレイすることで、以下のアイテムが入手可能です。

  • スプレー3 種
  • タイトル 2 種
  • ガンバディー1 種
  • プレイヤーカード 1 種
  • エージェント スカイ

新武器スキン「シンギュラリティー」

Act3で新しく登場する「シンギュラリティー」は、遠い未来に存在する、パワフルかつハイテク、抽象的、そして神秘的なデザインの新スキンシリーズです。使用時の変形アニメーションやビジュアルエフェクトが特徴で、シェリフ、スペクター、ファントム、アレス、近接武器に採用されています。

「VALORANT」
アレス(2,175 VP)
「VALORANT」
スペクター(2,175 VP)
「VALORANT」
ファントム(2,175 VP)
「VALORANT」
シェリフ(2,175 VP)
「VALORANT」
近接武器(4,350 VP)
「VALORANT」
シンギュラリティーの使用イメージ

【セット価格】8,700 VP

内 容: シンギュラリティースキンのシェリフ、スペクター、ファントム、アレス、近接武器、シンギュラリティーのプレイヤーカード、スプレー、ガンバディー

※VP:課金で購入することができるゲーム内ポイント

バトルパス

VALORANT では、プレイした分だけ XP を獲得し、獲得量に応じて外見のカスタマイズアイテム(武器スキン、アップデート可能な武器スキンのヴァリアント、ガンバディー、スプレー、プレイヤーカード、プレイヤータイトル、レディアナイトポイントなど)を入手することができる「バトルパス」という仕組みがあります。バトルパスは、無料報酬と購入するプレミアム報酬があり、Act3のバトルパスにも、さまざまなバトルパスにより入手可能なアイテムを用意しています。

無料報酬のアイテム(例)

「VALORANT」
「チリー・マクフリーズ」ガンバディー

プレミアム報酬のアイテム(例)

「VALORANT」
スキンシリーズ「ジェイド」 ゴースト
「VALORANT」
スキンシリーズ「ゴシック」 近接武器

デスマッチのアップデート

フリーフォーオール形式(FFA、自分以外の全プレイヤーが対戦相手)のゲームモード「デスマッチ」をアップデートします。「デスマッチ」は、射撃の腕なら誰にも負けないという、プレイヤーがその実力を証明できるゲームモードです。 アップデートでは、試合時間の延長、UAV 頻度の減少、参加プレイヤー数の増加のほか、より公平で白熱した戦いになるよう、以前より他プレイヤーから離れてスポーンするように変更しています。

具体的な変更内容は以下のとおりです。

  • ① 14 名のプレイヤー(以前は 10 名のプレイヤー)
  • ② 目標:最初に 40 キルに到達するか、9 分以内に最多キルを獲得する。 (以前は、最初に 30キルに到達するか、6 分以内に最多キルを獲得)
  • ③ キルリロード:キルを獲得するたび、即座に装備中の武器が最大までリロードされる(マシンガンなら弾薬が 30 発再装填)。プレイヤーの密度が上がるため、リロードで行き詰まることがないように変更しています。
  • ④ UAV:リスポーンするたびにレーダーによる検知が行われて、すべての敵の現在位置が明らかになります。リスポーンした際に周囲の状況をすばやく感知し、近くで待ち伏せしている他のプレイヤーに対処しやすくなります。
  • ⑤ 獲得 XP:500 XP → 900 XP

「ランクマッチ」をアップデート

コンペティティブ・インテグリティ(競技の公平さ)および、マッチメイキングについての利便性を向上させるため、ランクマッチにアップデートを実施します。

詳しくはコチラをご覧ください。

■ ライアットゲームズ とは

2 人のゲーマー、マーク・メリルとブランドン・ベックにより『世界一プレイヤーを大事にするゲーム会社』をモットーに 2006 年に創業。2009 年には、デビュー作『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』をリリースし、プレイヤーとメディアの双方から高い評価を受ける。

毎年開催される LoL の世界大会「リーグ・オブ・レジェンド World Championship(Worlds)」は、世界最大級の e スポーツイベントとして知られる。 LoL10 周年となる 2019 年に『レジェンド・オブ・ルーンテラ』や『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』など、新しいタイトルの開発やモバイルプラットフォームへの移植、さらにオリジナルアニメーションなどを一斉に発表した。世界 20 以上のオフィスに 2,500 人以上のスタッフが在籍。本社はカリフォルニア州ロサンゼルス。(2019 年 10 月現在)

ライアットゲームズ公式サイト: https://www.riotgames.com/ja
Riot Games Japan 公式 Twitter: https://twitter.com/riotgamesjapan

■ VALORANT とは

『VALORANT(ヴァロラント)』は、5 対 5 で対戦する競技性の高いタクティカルシューターです。高い精度が要求される銃撃戦と、「エージェント」(キャラクター)固有の特殊能力を組み合わせた、本格派の銃撃戦が特徴で、プレイヤーの戦略的選択や柔軟なアイデア、そして一瞬のひらめきから生まれるチャンスがチームを勝利に導きます。マップは競技シーンを見据えて設計されており、何千時間プレイしても常に新鮮な戦いを体験できるような工夫が凝らしてあります。

2020 年 6 月にリリースされた『VALORANT』は基本プレイ無料、世界中のより多くのプレイヤーが楽しめるよう幅広いスペックの PCに対応しています。ライアットゲームズでは、世界各地における最高クラスの専用ゲームサーバーとインフラの整備、独自開発のチート対策システムなど、タクティカルシューターの競技性を確保し、FPSジャンルにふさわしいゲーム体験を実現する体制の構築に全力で取り組んでいます。

VALORANT 公式サイト: https://playvalorant.com/ja-jp/
VALORANT 公式 Twitter: https://twitter.com/VALORANTjp

※上記内容は、今後のアップデートなどで変更される場合があります。

情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.