LAVOSを報酬として用意したPC版「Warframe」の新たな期間限定イベント“オルフィクスの毒牙の作戦”が開幕、実施は1月19日まで

2020年12月21日 11:44 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Warframe」

先日、LAVOSの最終形態や来年の新コンテンツに焦点を当てる開発映像をご紹介した「Warframe」ですが、新たにDigital Extremesが国内向けのプレスリリースを発行し、新型Warframe“LAVOS”を報酬として用意したPC向けの期間限定イベント“オルフィクスの毒牙の作戦”の開幕を報告。スケジュールを含むイベントのディテールをアナウンスしました。

“Warframe”初のオールメカイベントとなる“オルフィクスの毒牙の作戦”のスケジュールと概要は以下からご確認ください。

PC 版で現在開催中の全く新しいメカイベントで、新 WARFRAME「LAVOS」が持つ錬金術の力を開放せよ

史上初のオールメカ・イベント「オルフィクスの毒牙の作戦」で無料のメカを手に入れて、
45 番目の Warframe をアンロックしよう

プレイヤーが原動力となって生み出された数々のイノベーション溢れる本作に新たな「初めて」を追加しようとしているカナダのデベロッパー兼パブリッシャーである Digital Exremes は、新 Warframe「Lavos」が持つ科学と錬金術の力を引き出すよう全てのテンノに求めています。Lavos は PC 版で開催中の、メカのみで展開される全く新しい Warframe® 内イベントにてアンロック可能となっています。

物質界を変容させる Lavos の実験的な力を開放し、エレメントとアビリティの融合によって敵の大群を食い止めましょう。テンノたちは 45 体目の Warframe となる Lavos を、オールメカ・イベント「オルフィクスの毒牙の作戦」で入手できます。同イベントは新種の耐久モードであり、最終的には新たなセンティエントのボスとの厳しい戦いが待ち受けています。もうひとつの初めての試みは、フレンドに Lavos を「ギフト」としてプレゼントしたプレイヤーは、その見返りとして無料で Lavos のオービター用デコレーションを入手することができます!

「オルフィクスの毒牙の作戦」では、センティエントの軍勢がすべての Warframe を無力化し、その力を奪ってしまいます。エントラティ Father の助力により戦場で発見したメカを装着できるようになった(まだ手に入れていない場合)プレイヤーたちは、チームを組んで迫りくる猛攻を退ける戦いに挑みます。

「オルフィクスの毒牙の作戦」は、ベテランのテンノたちを限界まで追い込む 3 つの新しいセンティエントの敵、「Ortholyst」、巨大な長距離キャノン弾を発射する軽量のセンティエント、「Choralyst」は音の弾幕と雷のようなホーミングオーブを振り回すエーテルのようなセンティエント、そして「Summulyst」は、ツインキャノンで武装した高次のセンティエントで、体を分岐させて援軍や投擲物を召喚するためのポータルを作成します作戦は、新たなるセンティエントのボス「Dolicholyst」との対決で最高潮に達します。

しかし待っていてはいけません!「オルフィクスの毒牙の作戦」は期間限定イベントで米国時間 12 月 18 日(金)よりスタート。日本時間 2021 年 1 月 19 日(火)午前 4 時に終了します。

プレイヤーは、自分のメカを所有していなくてもイベントに参加できます。

このイベントに参加するためには、「内なる紛争」クエストを完了し、オープンワールド型クエスト「ダイモスの心臓」にアクセスしておく必要があります。プレイヤーは、自分のメカを所有していなくてもイベントに参加可能です。詳細な情報は www.warframe.com/jaWarframe forums で入手をしましょう。

Steam, Epic Games Store,PlayStation®5,PlayStation®4, PC, Xbox One,Nintendo™ Switch で Warframe をダウンロードして戦いに参加しよう。すぐに Xbox One Series X でも登場。更なる詳細情報 www.warframe.com/ja を参照してください。

最新情報をチェックするには、 Twitch, YouTube, Twitter, Facebook, Instagram で Warframeをフォローしてください。

Digital Extremes について

James Schmalz が 1993 年に設立した Digital Extremes は世界でトップクラスの独立系ビデオゲーム開発スタジオの一つに位置づけられています。Digital Extremes は『Unreal』や『Unreal Tournament』(そしてその全バージョン) を含む、Epic Games の数百万本を売り上げる『Unreal®』フランチャイズ の共同製作から始まり、続いて『Dark Sector®』、PlayStation®3 向け『BioShock®』、『 BioShock 2』のマルチプレイヤー・キャンペーン、『The Darkness® II』の開発を行いました。このスタジオは基本料金無料のアクションゲーム『Warframe®』で同社にとって批評面・商業面で最高となる成功に達し、PC、PS4™、Xbox One では 3800 万人以上の登録ユーザーによるグローバルなコミュニティを誇っています。Extremes に関する詳細については、www.digitalextremes.com にアクセスしてください。『Warframe』に登録するには、www.warframe.com/ja にアクセスしてください。

情報元及びイメージ:,

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.