我が家を目指す命がけの帰路を描くシネマティックアクションアドベンチャー「Unto The End」の日本語Nintendo Switch/PS4版が正式アナウンス、発売はまもなく

2021年1月28日 12:32 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Unto The End」

Stephen Danton氏とSara Kitamura氏夫妻が2人で開発を手掛けるアクションアドベンチャーとしてアナウンスされ、昨年12月上旬に海外ローンチを果たした「Unto The End」ですが、新たにEastasiasoftが国内向けのプレスリリースを発行し、日本語PS4/Nintendo Switch版“Unto The End”をアナウンス。2021年2月4日にNintendo Switch版、2月5日のPS4版の発売を予定していることが明らかになりました。(※ 日本語PC Steam/GOG版とXbox版は発売済み)

“Unto The End”は、たった1人で我が家を目指す父親の過酷な帰路を描くアクションアドベンチャーで、冷静な判断を要する本格的な戦闘システムやシネマティックな演出、取引可能な知性を持つ敵と言語によらないコミュニケーション、緻密に構築された世界と多彩なロケーションを特色としています。

日本語版“Unto The End”のローンチトレーラー

シネマティックプラットフォームアクション『アントゥー・ジ・エンド』2月4日にリリース

Nintendo Switch版は、20%のローンチディスカウント付きのデジタルプリロード購入が可能

2021年1月28日 香港/東京

独立系ディベロッパー/パブリッシャーであるEastasiasoft Limitedは本日、手強いコンバットアドベンチャー『アントゥー・ジ・エンド』(開発:2 Ton Studios/販売:Big Sugar)のNintendo Switch版を2月4日に、同PlayStation® 4版を2月5日に、日本国内向け2480円(税込)で発売することを発表しました。Nintendo Switch版は、ニンテンドーeショップにおいて、20%のローンチディスカウント付きで事前購入いただけます。

2 Ton Studios(またはStephen DantonとSara Kitamuraの夫婦チーム)によってハンドメイド的に開発された 『Unto The End』では、過酷でありつつも美しく描き出される、豊かな雰囲気のある世界の中で、血なまぐさい戦闘と息を呑むような冒険を楽しむことができます。ゲームプレイは非常に歯応えのあるものですが、アンフェアなものではなく、プレイヤー自身のスキルがゲーム体験において最も重要な要素となっています。

『アントゥー・ジ・エンド』について

『アントゥー・ジ・エンド』は挑戦的なバトルアドベンチャーゲームだ。たった1人で圧倒的な敵や自然環境に立ち向かう、父親は家族の元に帰るために、命懸けの旅に身一つで耐えるのだ。頼れるのは剣やダガー、そして己の知恵のみ、未開の地を踏破していきながら、遭遇するモンスターらを出し抜き叩き伏せろ。その一歩一歩は確実に故郷へと通じているが、その一歩一歩には常に危険がはらんでいる。

特徴

  • 冷静な分析が必要なバトルシステム:技術と熟練度が求められる唯一無二の、いちから新たに築き上げられた卓越の2D戦闘システム。1対1あり複数敵戦あり、剣や様々な遠隔武器を使いこなして、賢く戦略的に立ち回れ。
  • 微細に造りこまれたゲーム世界:この冒険は細部に至るまでこだわった「手法」で語られていく。そして遭遇するは知性あふるる手強い敵ばかり、それぞれがこの世界で意志を持ち、居場所を求めさまよっている
  • プレイヤースキル特化型:提示される「助け」は最小限、チャレンジングなシングルプレイ体験を存分に味わってほしい。各種アビリティはその技術の理解と習熟を経て始めて活用できる。そしてその時々の環境もよく観察すべし、それが生存への鍵となるのだから。
  • 容赦なき自然世界:洞窟に広がる地下廃墟や険しい山岳地帯…過酷な自然環境や死の罠を乗り越えろ、微に入り細に入り造りこまれたゲーム世界を堪能してほしい。

eastasiasoftについて

Eastasiasoft Limitedは、香港を拠点とし、ビデオゲームと関連メディアに特化しているインタラクティブエンターテインメントの独立系開発/パブリッシング会社です。2007年の創設以来、eastasiasoftは、デジタル版とパッケージ版で様々なタイトルを販売してきました。Eastasiasoftは、PlayStation、Nintendo Switch、Xbox Oneの販売ライセンスを取得しています。 eastasiasoftが最近ライセンスを取得してリリースしたゲームには『Super Meat Boy』『アントゥー・ジ・エンド』『ファイト&レイジ』『ゼノ・クライシス』『Waifu アンカバード』『ヴァルファリス』などがあります。

Big Sugarについて

Big Sugarは、自らの望みを自ら叶え続けていくパブリッシャーです。そして、その望みとは、才能のある独立系ディベロッパーたちと協力して、彼らが作成する、ユニークで面白く、楽しくて魅力的で、そして記憶に残るような、オールラウンドなクォリティの高さを備えたゲームを世界に送り出すことです。https://bigsugargames.com/

2 Ton Studiosについて

カナダを拠点とする夫婦ディベロッパー、Stephen DantonとSara Kitamuraが運営する独立したスタジオです。2 Ton Studiosは、「ゲームプレイの楽しさ」を確固としたコアと定め、オリジナルタイトルの開発に励んでいます。『Unto The End』は、彼らにとって、パブリッシャーとの提携を通じて開発を行った最初のタイトルとなります。2 Ton Studiosの詳細については、www.2tonstudios.comをご覧ください。

「Unto The End」
「Unto The End」
「Unto The End」
「Unto The End」
「Unto The End」
「Unto The End」
「Unto The End」
「Unto The End」
「Unto The End」
「Unto The End」
情報元及びイメージ:プレスリリース, Eastasiasoft Limited

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.