PS4向けの無料アップグレードを含むPS5版「サブノーティカ: ビロウ ゼロ」の新情報が解禁、ゲームプレイトレーラーも

2021年4月30日 10:34 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Subnautica」

先日、コンソールとPC製品版のローンチが2021年5月14日に決定した海洋探索サバイバル「サブノーティカ: ビロウ ゼロ」(Subnautica: Below Zero)ですが、5月14日の発売が迫るなか、本日国内外で放送されたState of Playにて、PS4版“サブノーティカ: ビロウ ゼロ”向けの無料アップグレードやDualSenseコントローラーのハプティックフィードバック対応、4K/60fps動作を実現するパフォーマンスモードを含むPS5版のディテールがアナウンスされ、最新作のハイライトやPS5向けの改善要素を紹介する日本語字幕入りの新トレーラーが登場しています。

また、日本語PS4版“Subnautica サブノーティカ”(パッケージ/デジタル)購入者向けに100円[税込]でPS5版へのアップグレードを提供することが報じられています。

PS5™/PS4®『サブノーティカ: ビロウ ゼロ』ゲームプレイの新要素に注目!

本日の「State of Play」にて、5月14日(金)の発売に向けて私たちが作り上げてきたPlayStation®5/PlayStation®4用ソフトウェア『サブノーティカ: ビロウ ゼロ』をご紹介できたことを大変嬉しく思っています。

数々の賞を受賞した『Subnautica サブノーティカ』の続編『サブノーティカ: ビロウ ゼロ』では、まったく新しい広大なバイオーム(生物群系)が広がっており、海洋惑星の奥深くには未知の生物が数多く潜んでいます。プレイヤーの皆さんは、この惑星へとたどり着いた不可解な状況を調査しながら、極寒の世界を生き抜き、避難のために惑星「4546B」を放棄したアルテラ社の目を逃れる必要があります。

クラフト可能な道具や乗り物、そして美しいバイオームを備えた『サブノーティカ: ビロウ ゼロ』。今作は、前作からおなじみの“過酷な惑星”という設定をベースに、“寒さ”のシステムや発見可能な(場合によっては避けなければならない)大小の生物、そして『Subnautica サブノーティカ』の世界の伝承など、さまざまな新要素を追加しています。

また、「State of Play」で発表したとおり、『サブノーティカ: ビロウ ゼロ』はPS5のDualSense™ ワイヤレスコントローラーの機能を活用しています。ハプティックフィードバックにより、ゲーム内の重要な場面や、道具や乗り物を使用している場面で、視覚と触覚の両方で、その感覚を体感することができます。これにより本作では、これまで以上の恐怖と緊張感を味わうことができるのです。

ところで、皆さんからはPS4版『Subnautica サブノーティカ』のアップグレードについて、たくさんの質問をいただいていました。PS4版『Subnautica サブノーティカ』のパッケージ版あるいはダウンロード版をご購入いただいた方は、100円(税込)でPS5版にアップグレードすることができます。また、PS4版『サブノーティカ: ビロウ ゼロ』をご購入いただいた方は、追加費用なしでPS5版にアップグレードできます。

『サブノーティカ: ビロウ ゼロ』の発売まで残すところあと少し。素晴らしいコミュニティの皆さんのフィードバックや期待の声には、日々感謝しています。皆さんに新たな冒険を体験していただけるのが待ち遠しい限りです!

PS5/PS4『サブノーティカ: ビロウ ゼロ』は5月14日(金)発売予定。PlayStation®Storeにて予約受付中です。

※PS4ゲームのディスク版をPS5のデジタル版にアップグレードするには、ディスクドライブを搭載したPS5本体が必要です。
※本情報は「State of Play」で発表された内容となります。販売するタイトルは国・地域によって異なる場合があります。
※本記事で紹介しているトレーラーは英語版となります。

情報元及びイメージ:PlayStation.Blog

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.