アーロイの新たな冒険を描く続編「Horizon Forbidden West」の楽曲制作に焦点を当てるメイキング映像が公開、幾つかの新情報も

2021年6月4日 1:52 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Horizon Zero Dawn」

先日、多数の新要素が確認できる初の本格的なゲームプレイ映像がお披露目された期待の続編「Horizon Forbidden West」ですが、新たにSIEが国内外のPlayStation.Blogを更新し、コンポーザーJoris de Man氏とNiels van der Leest氏、Alexis Smith氏が続編の楽曲制作について語る興味深いメイキング映像を公開しました。

また、Game InformerとIGNがそれぞれインタビューに基づくプレビューを公開しており、続編に関する幾つかのディテールが報じられています。

続編の楽曲制作に焦点を当てるメイキング映像、国内PS.Blogには非常に詳細な解説が掲載されている
Game Informerが公開した開発者インタビュー

■ Game InformerとIGNのプレビュー、インタビューから判明した新情報のハイライト

  • 様々なプレイスタイルが実現できるよう、スキルツリーが完全に刷新される。各スタイルには、スキルポイントを消費して解除可能な“Valor Surges”が用意されている。各“Valor Surges”は、それぞれに固有の能力(ノックバックや360度攻撃等)を有しており、戦闘を通じて得られるエネルギーバーを満たすことで発動可能。スキルツリーの刷新については、後日改めて解禁される予定。Mathijs de Jonge氏によると、前作のスキルツリーは完全に廃棄されたとのこと。
  • 先日のお披露目にて、2021年発売の表記が失われたが、現段階で当初予定していた2021年の発売を延期したわけではない。ただし、年内発売が“確実”な状況でもなく、具体的な発売日については、確信を持って伝えられるよう、もうしばしの時間が必要とのこと。
  • クライミングのシステムが刷新され、文字通りどこでもよじ登れるフリークライミングが可能となった。フォーカス能力で登れる場所を知ることができるが、クライミングのために必ずフォーカスを使用する必要はない。
  • 寒冷地帯を含む多彩なバイオームが導入される。また、マップの全体的なサイズは初代よりも僅かに大きくなっているとのこと。
  • (初代では単調だった)人間相手の戦闘がよりタクティカルに改善される。
  • 新たに水陸両用の機械が登場する。
「Horizon Zero Dawn」

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.