新作ローグライトオープンワールドRPG「Unexplored 2: The Wayfarer’s Legacy」のXbox版ローンチが6月3日に決定

2022年5月25日 9:13 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Unexplored 2: The Wayfarer's Legacy」

2021年5月の早期アクセスローンチを経て、先日SteamとGOG、Epic Gamesストア向けのPC製品版リリースが2022年5月27日に決定したLudomotionの新作ローグライトRPG「Unexplored 2: The Wayfarer’s Legacy」ですが、新たにLudomotionとパブリッシャBig Sugarがプレスリリースを発行し、予てから対応が予告されていたXbox版の配信日をアナウンス。Xbox Series X|SとXbox One向けに2022年6月3日の発売を予定していることが明らかになりました。

また、発表に併せて、Xbox版のUIが確認できるローンチトレーラーが登場しています。

Xbox版“Unexplored 2: The Wayfarer’s Legacy”の価格は24.99ドル

壮大な世界で展開する自動生成のローグライトRPG

『Unexplored 2』は、プレイヤーが探索できる広大で豊かなファンタジーの世界を創造します。ひねりのあるパーマデスが存在し、キャラクターが死んでもその世界は存続するかもしれません。このゲームは、経験値稼ぎ、XP、ゴールドなどは存在しない、野心的な自動生成アクションRPGです。代わりに、時間の経過とともに、プレイヤーの選択とそれに伴う結果が明らかになります。

ゲームタイトルにもなっているWayfarer(徒歩旅行者)として、プレイヤーはStaff of Yendor(Yendorの杖)を破壊するクエストに出発し、世界を横断しなければなりません。旅の途中でプレイヤーは部族と出会い、魔法のクリーチャーに遭遇し、古代の遺跡を探索して、伝説の武器や歴史上のアイテムを見つけていきます。

プレイヤーが死ぬと…

ゲームは難易度が高く、プレイヤーは幾度も死にます。間違った選択をしたり、クリーチャーと対決し過ぎたり、砂漠を旅する前に食べ物を蓄えるのを忘れたり。理由は何であれ、キャラクターが死ぬと2度と帰ってはきません。自動保存もクイックローディングもありません。

しかし、同じ世界で数年後、新しいキャラクターとして冒険を続けることができます。新しいキャラクターは、以前の冒険でプレイヤーが行った選択の結果を目撃することになります。アイテムを安全な場所に置いておけば、次のWayfarer(徒歩旅行者)がそれを拾って使うことができます。

世界の終わり

Staff of Yendor(Yendorの杖)を破壊するクエストは、同じ世界の中に連続して現れるWayfarer(徒歩旅行者)によって完了することができます。しかし、最後のミッション中に死ぬと、世界は終結します。永久に。

そのため、準備を整え、冒険の終わりの最も危険な部分について知るべき部分を全て把握する必要があります。

失敗すれば世界は消滅します。残された唯一の方法は、独自の歴史が存在するまったく新しい世界を生成して、新しいクエストを始めることです。

主な特徴

  • 徹底的なコンテンツ生成:Ludomotionのコンテンツ生成に対する徹底的なアプローチでは、世界が生成されるたびに、何層にも重なるユニークなコンテンツが生み出されます。
  • 生成的な物語:Wayfarer(徒歩旅行者)の究極の目的は似通っているものの、すべてのヒーローには独自の世界と物語、そして出会いがあります。
  • 体系的な死:ゲームには多くのシステムが搭載され、何百時間ものゲームプレイの後でも、プレイするたびに新しいものを発見することになります。
  • レガシーシステム:過去のヒーローの行動が、その足取りをたどる者たちの運命に影響を与えます。自分のレガシーを賢く使い、次に続く冒険者たちがクエストを完了できるという大きな希望を与えましょう。
  • 持続的な世界での永久の死:ヒーローが死ぬと、生き返ることはありません。しかし、同じ世界に新しいキャラクターとして戻ってくることができます。あるいは望めば、完全に未踏の世界で新しい冒険を始めることもできます。
  • ユニークな表現:『Unexplored 2』の世界は、従来の生成ゲームで期待されるものをはるかに超えた、ユニークで美しいアートスタイルで表現されています。洗練された照明システムがムードを作り、1日の時間や地域の天候に合わせて変化します。
  • オーケストラによる適応型サウンドトラック:冒険には、プレイヤーのアクションや判断に反応する、オーケストラによるオリジナルサウンドトラックの伴奏が伴います。
情報元及びイメージ:Gematsu, Games Press

注目タイトルピックアップ

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.