「Neversoft」

2012年6月に“Call of Duty”開発への参加を表明し、その後“Call of Duty: Ghosts”のExtinctionモードを担当した“Neversoft”(※ 94年設立、Tony HawkやGuitar Heroシリーズ、Gunといった作品で知られる)が、お馴染み「Infinity Ward」に統合されることが明らかになりました。

これは、昨晩Giant BombがActivision PublishingのボスEric Hirshberg氏が記したという社内メモを内部情報として報じたもので、事実確認が待たれる状況となっていましたが、先ほどInfinity WardがTwitterでこの件に言及し、統合が事実であることが確認されました。

Giant Bombの報告によると、Eric Hirshberg氏はInfinity WardとNeversoftが互いに補足的な能力を持っていると社内メモに記しており、これら2つの優れたスタジオの統合が“スーパースタジオ”の誕生を意味することや、Infinity Wardの名称がCoDフランチャイズと強く結び付いていることから、スタジオの統合により名称を変更しないことが賢明な選択であるとの見解を提示しています。

また、今回の統合に伴い、ActivisionのスタジオVP Dave Stohl氏が新生Infinity Wardを率いるポジションに就くほか、現Infinity WardのスタジオヘッドSteve Ackrich氏は引き続きスタジオのリーダーシップを担うとのこと。

さらに、“Neversoft”を20年に渡って率いたスタジオヘッドJoel Jewett氏とスタジオディレクターScott Pease氏が両スタジオの統合を経てゲーム開発から身を引き、今年後半にActivisionを退社する予定であることが判明しています。

この統合に伴い、新生Infinity Wardはこれまで通りCoD開発スタジオとして“Call of Duty”新作の開発に専念すると見られますが、Raven SoftwareとNeversoftの参加が示唆されていた“Call of Duty: Advanced Warfare”開発にNeversoftが協力する可能性は低いと言え、今後の動向と続報に注目が集まる状況となっています。

情報元及びイメージ:Giant Bomb, Charlie INTEL

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.