「League of Legends」

F2Pやデジタルゲームの市場動向を専門に扱う調査会社SuperDataが新たに2015年の世界的なデジタルゲーム市場に関する最新の調査結果を発表し、市場全体の売上げが前年比で8%増となる613億ドル(約7兆2,467億円)規模に達したことが明らかになりました。

また、コンソールとPC、モバイルに分類したセグメント別の売上げトップ10も報じられ、16億2,800万ドルを記録したRiotの人気MOBA「League of Legends」が全区分で最大の売上げを達成したほか、コンソールでは“Call of Duty: Advanced Warfare”が首位を獲得。また、コンソールのデジタル販売が前年比で34%増となるなど、興味深い動向が判明しています。

2015年デジタルゲーム市場の“コンソール”区分における売上げTOP10

  • Call of Duty: Advanced Warfare(Activision) – 3億5,500万ドル
  • FIFA 15(EA) – 3億3,200万ドル
  • Grand Theft Auto V(Take-Two Interactive) – 3億2,200万ドル
  • Destiny(Activision) – 2億9,100万ドル
  • Call of Duty: Black Ops 3(Activision) – 2億2,400万ドル
  • FIFA 16(EA) – 2億1,200万ドル
  • Fallout 4(Bethesda Softworks) – 1億800万ドル
  • Star Wars Battlefront(EA) – 1億600万ドル
  • Madden NFL 16(EA) – 7,600万ドル
  • Madden NFL 15(EA) – 7,300万ドル

2015年デジタルゲーム市場の“PC”区分における売上げTOP10

  • League of Legends(Tencent/Riot Games) – 16億2,800万ドル
  • CrossFire(SmileGate) – 11億1,000万ドル
  • Dungeon Fighter Online(Neople) – 10億5,200万ドル
  • World of Warcraft(Activision) – 8億1,400万ドル
  • World of Tanks(Wargaming.net) – 4億4,600万ドル
  • Lineage I(NCSOFT Corporation) – 3億3,900万ドル
  • Maplestory(Nexon) – 2億5,300万ドル
  • DOTA 2(Valve Corporation) – 2億3,800万ドル
  • Counter-Strike: Global Offensive(Valve Corporation) – 2億2,100万ドル
  • Grand Theft Auto V(Take-Two Interactive) – 2億500万ドル

2015年デジタルゲーム市場の“モバイル”区分における売上げTOP10

  • Clash of Clans(Supercell) – 13億4,500万ドル
  • Game of War: Fire Age(Machine Zone) – 7億9,900万ドル
  • Puzzle & Dragons(Gungho Online Ent. Inc) – 7億2,900万ドル
  • Candy Crush Saga(King Digital) – 6億8,200万ドル
  • MonsterStrike(Mixi) – 6億7,400万ドル
  • Candy Crush Soda Saga(King Digital) – 5億1,800万ドル
  • Fantasy Westward Journey(NetEase) – 4億5,100万ドル
  • Colopl Rune Story(COLOPL NI Inc) – 3億5,600万ドル
  • Disney Tsum Tsum(LINE Corp) – 3億2,600万ドル
  • Boom Beach(Supercell) – 2億9,700万ドル

2015年の世界的なデジタルゲーム市場について

  • SuperDataの調査は、50ヶ国のデベロッパとパブリッシャー、決済プロバイダの詳細な売上データ、1ヶ月あたり4,800万人に達するユニークオンラインゲーマーの決済情報に基づくもの。
  • 2015年における世界的なデジタルゲーム市場全体の売上げは前年比8%増となる613億ドルを記録。
  • うち、デジタルコンソールゲームの販売は、依然最も規模の小さな区分ながら、前年比34%となる最も大きな成長を遂げている。
  • 最も大きな販売を占める区分はモバイルカテゴリで、モバイル全体で258億ドルの売上げを記録。ただし成長率は前年比10%増となっている。
  • コンソールとPC、モバイル区分がそれぞれ成長を果たす一方で、ソーシャルゲームは前年比0.8%減、サブスクリプションベースのゲームは前年比4%減となった。
  • Riotの“League of Legends”が16億2,800万ドルを記録し、2015年のデジタルゲーム市場で最大の売上げを達成。このほか、“Clash of Clans”(13億4,500万ドル)と“CrossFire”(11億1,000万ドル)、“Dungeon Fighter Online”(10億520万ドル)を含む計4つの作品が売上げ10億ドルの壁を突破している。
  • 一方で、最も大きな売上げを記録したパブリッシャーは“Activision Blizzard”(29億ドル)となっており、Supercell(16億4,000万ドル)とTencent(16億2,000万ドル)がこれに続いている。なお、コンソール区分の売上げTOP10において5作品をランク入りさせたEAの全体的な売上げは7億9800万ドルに留まっており、PCとモバイル区分におけるプレゼンスの低さが指摘されている。
  • 前述した通り、モバイル区分が最も大きな売上げを占めているが、PC区分のトップ10タイトルを合計した売上げ(63億ドル)は、モバイル区分のトップ10タイトルを合計した売上げ(61億8,000万ドル)を超えている。
情報元及びイメージ:SuperData, VentureBeat, VG247, PC Gamer

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.