「Gwent: The Witcher Card Game」
新作のデッキ作成メニュー、今回ご紹介する画像は全て原寸大のイメージにリンクしてあります

先日開催された“Xbox E3 2016 Briefing”にて、正式アナウンスが行われたグウェントのF2Pカードゲーム「Gwent: The Witcher Card Game」ですが、新たに本作の開発を率いるCD Projekt RedのディレクターBenjamin Lee氏がGamesRadar+のインタビューに応じ、ボイスアクターに言及。なんと“The Witcher 3: Wild Hunt”と同じ主要キャストを再び起用したことが明らかになりました。

また、14分近いゲームプレイ映像に加え、新作のシングルプレイヤーキャンペーンやカードパックの仕様に関する興味深いディテールが浮上しています。

参考:先日Eurogamerが公開したプレイ映像
  • “Gwent: The Witcher Card Game”には、PvPと10時間近い規模のシングルプレイヤーキャンペーンが搭載されており、“The Witcher 3: Wild Hunt”本編と全て同じキャストを起用している。
  • シングルプレイヤーキャンペーンのシナリオは、名高い血まみれ男爵のクエストを手掛けたKarolina Stachyra女史が担当しており、探索可能なオープンワールドマップやカットシーンを特色とする。
  • “Gwent: The Witcher Card Game”ローンチ時のプレイアブル勢力は“スケリッジ”と“北方諸国”、“モンスター”、“スコイア=テル”の4種で、ローンチ後のデッキとして“ニルフガード”が導入される予定。
  • 各カードは通常版とプレミアム版の2種類が存在し、Statsは同じながら、アニメーション演出を特色とする。
  • “Gwent: The Witcher Card Game”は、ハースストーンに似たカードパックシステムを持つF2P作品で、カードパックはインゲームクレジットか現金で購入可能となる。
  • カードパックは、5枚のカードを同梱する所謂RNG形式(ランダム生成)だが、本作のカードパックはRNGシステムのフラストレーションを緩和する新たな取り組みとして、レア以上を保証する3枚の候補の中から1枚を選択し、残る4枚がランダムに選出されるカードとなる。
「Gwent: The Witcher Card Game」
攻城に2体のレッサーゴーレムを召喚するゴーレムカード
「Gwent: The Witcher Card Game」
ディクストラのカード、本編と同じく配置時にデッキからカードを2枚引く“諜報員”のスキルを持つ
参考:“The Witcher 3”のエムヒルは俳優チャールズ・ダンスがボイスアクトを担当していた
ゲーム・オブ・スローンズのタイウィン・ラニスターや映画“エイリアン3”のクレメンス役で知られる
情報元及びイメージ:GamesRadar, Eurogamer

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその96
「3コマ:金銀財宝」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.