「 Rainbow Six Siege」

先日、PC版に実装されたクライアントサイドのアンチチートシステム“BattlEye”が、導入から僅か1週間で3,800人のチーターをBANしたことが報じられた「Tom Clancy’s Rainbow Six Siege」(レインボーシックス シージ)ですが、本日Ubisoftがアップデート4.1のパッチノートを公開し、パルスとセミオートショットガンのバランス調整や一部UIの改善を予定していることが明らかになりました。

なお、アップデート4.1は8月25日に全プラットフォーム向けの配信を予定しているとのこと。

  • パルスのバランス調整:以前のアップデート(参考)にて、心音の検知頻度が向上したため、ガジェット使用が快適になったことに加え、心拍センサーと武器の持ち替えが非常に素早かったことから、パルスが強くなりすぎた。これに伴い、心拍センサーの効果範囲を13mから9mに縮小し、ガジェットから武器への持ち替えスピードを0.8秒(およそ0.4秒から1.2秒程度)増加させた。
  • セミオートショットガンの調整(SPAS-12とSUPER 90、SAIGA 12K、SPAS-15、M1014):コミュニティやプロリーグの選手から得たフィードバック、収集した統計データ等に基づき、現在よりも長距離で強さを発揮できないよう調整を加える。また、各セミオートショットガンの近距離と中距離時におけるベースダメージが変更となる。加えて、腰だめ撃ちとADS時の拡散率に影響するコーンが1.5度広くなることで、以前よりも弾薬がばらける。各銃の調整値は画像で確認可能。この影響を受けるオペレーターと武器のラインアップは以下。
    • ヴァルキリー:SPAS-12
    • カベイラ:SPAS-15
    • フロスト:SUPER 90
    • パルス:M1014
    • テルミット:M1014
    • キャッスル:M1014
  • UIの改善:死亡したオペレーターを示す“X”印の視認性を向上させた。
  • その他修正:シールドオペレーターの移動速度修正(シーズン2時のスピードまで向上)や一部ピストルのリコイルバグ、オペレーターのバグ、レベルデザインのFix、ゲームモードの修正、UIやメニュー、クラッシュ関連など、計86種のバグを修正。
「Rainbow Six Siege」
各セミオートショットガンのADSと腰だめ撃ち別精度調整
「Rainbow Six Siege」
ベースダメージの調整値、数値はペレット1個のDMGで1発あたり8個のペレットを射出する
「Rainbow Six Siege」
以前のUI、オペレーターの死亡を示す“X”印が薄い
「Rainbow Six Siege」
調整後のUI、“X”印の透明度が上がり視認性が向上した

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその96
「3コマ:金銀財宝」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.