[GDC 2010] BioWareが「Mass Effect 3」のゴールを定義、RPG要素が豊かになり戦闘は選択肢が増える

2010年3月15日 12:46 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Mass Effect 3」

良作を連発するBioWareがGDCに”Where Did My Inventory Go? Refining Gameplay in Mass Effect 2″(私のインベントリはどこ?Mass Effect 2のゲームプレイを洗練する事)という題目でカンファレンスに登場、BioWareのChristina Norman氏が登壇し、2章に加えられた大きな変更について語りました。カンファレンスではその内容を経て三部作の完結となる「Mass Effect 3」が目指すゴールを次の様に明かしました。

■ 保つべき事

  • ファンとレビューの声を聞く事
  • ゲームプレイのフォーカス
  • 同じチーム
  • ゲームプレイのコア
  • 戦闘と会話のフロー

■ 拡張する要素

  • RPG要素をリッチに
  • より幅広い戦闘のオプション
  • より複雑な敵
  • 全体のブラッシュアップ

Norman氏は1作目の失敗の一つをゲームの見た目とプレイフィールの不調和にあり、シューターの様に見えた1作目が見た目とは裏腹にシューターとしてプレイする事が弱かった事を挙げ、Mass Effect 2の重要な目標が”より満足のいく戦闘”を導入する事がだったと明かしています。

“BioWareはRPGと物語の上で強い”が”シューターまだそれほど得意でない”事を念頭に置いたMass Effect 2チームは全体における戦闘の再構築を目指し、新しいゲームプレイの核を作り上げました。Mass Effect 2の合理化されたゲームプレイとGUIは大きな成功を導きましたが、それでもいくつかの批判があった事をNorman氏は挙げています。

聞こえてきた批判は「Mass Effect 2はRPGではない」という言葉や「インタラクティブな会話を備えたGears of War」といった物で、2作目の強いシューティングへの焦点がある種のファンを失望させたと氏は語っています。

こういった経過を経て、今回明らかにされたリッチなRPG要素と戦闘オプションの拡張が次作への大きな課題となった模様です。またNorman氏は採鉱のミニゲームについても触れ、「誰も好きではなかった」とこれも失敗であった事を明かしました。

こうやって改善すべき箇所が挙げられたMass Effect 2ですが、当然これらの失敗はBioWareクオリティにおける失敗であって、作品自体のクオリティのとんでもない高さは誰しもが認める所。3部作の完結を迎える次作が一体どんなタイトルに完成するのか、物語の行く末と共に本当に楽しみです。

情報元及びイメージ:Joystiq

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.