Take-TwoがQ3会計報告「Red Dead Redemption」が800万セールス達成、「Max Payne 3」は今回も言及されず

2011年2月9日 12:44 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Red Dead Redemption」 レッドデッドリデンプション

昨晩Take-Two Interactiveが第3四半期の会計報告を発表、昨年のゲーム業界を席捲した「Red Dead Redemption」が800万セールスに達した事が明らかになり、この他、NBA 2K11とRed Dead Redemption: Undead Nightmare、BorderlandsのGOTYエディションにCivilization Vの好調にも助けられ、予想収益よりも良好な結果を得た模様です。

Take-Twoの最新リリーススケジュールが発表「XCOM」と「Spec Ops: The Line」が2012会計年度リリースへ変更

また、今回の報告に併せ、最新のリリーススケジュールが発表され、Rockstar Gamesの期待作でありつつ数度の延期から制作の難航が囁かれている「Max Payne 3」が今回もスケジュール入りを果たさなかった事が明らかになりました。また、「XCOM」と「Spec Ops: The Line」が2012会計年度リリースへ変更されています。リリーススケジュールの詳細は以下でご確認下さい。

  • Top Spin 4 – Xbox 360、PS3、Wii – 2011年3月15日
  • Carnival Games: Monkey See, Monkey Do – Kinect for Xbox 360:2011年4月
  • Duke Nukem Forever – Xbox 360、PS3、PC – 2011年5月3日
  • L.A. Noire – Xbox 360、PS3 – 2011年5月17日
  • The Darkness II – Xbox 360、PS3、PC – 2011年秋
  • Spec Ops: The Line – Xbox 360、PS3、PC – 2012会計年度
  • XCOM – Xbox 360、PC – 2012会計年度
  • BioShock: Infinite – Xbox 360、PS3、PC – 2012会計年度

「Max Payne 3」開発の歴史

「Max Payne 3」 マックスペイン 3

Rockstar GamesがRemedyからIPを買い取り、Rockstar Vancouverが開発に取り組んでいるシリーズ最新作Max Payne 3では主人公マックス・ペインが飲んだくれのハゲデブ親父に成長し、ブラジルノワールが描かれるという衝撃的な内容でシリーズファンを始め多くのゲーマーが期待している大作です。

本日は2009年3月の発表から早2年が経つMax Payne 3開発の歴史について、今回もリリーススケジュールのリスト入りから漏れてしまった本作の動向に、より理解を深めるため、一度その流れをまとめてご紹介します。

  • 2009年3月:RockstarがMax Payne 3を発表、ローンチは2009年冬予定
  • 2009年9月:Strauss Zelnick氏がMax Payne 3の延期を発表、2010年2月から6月の間にリリース予定
  • 2009年12月:Take-Twoが2度目の延期を発表、リリースは2010年8月から10月に変更
  • 2010年1月:Rockstar Vancouverの従業員の妻と名乗る人物が混迷する内部の開発状況と厳しい労働環境をリーク、Rockstar San Diegoの労働環境なども併せて大きな騒動に
  • 2010年3月:Take-Twoが”L.A. Noire”、”Mafia II”、”Max Payne 3″、”Civilization V”の内、何れかが2011年度リリースにずれ込むと発表
  • 2010年6月:E3で明らかになったRockstar Gamesの計画からMax Payne 3の名前が削除
  • 2010年6月:Take-Twoが公式にMax Payne 3の2010会計年度内リリースが無い事を発表
  • 2010年12月:Take-TwoのリリーススケジュールリストからMax Payne 3の名前が消滅
  • 2011年2月9日(本日):Take-Twoの最新リリーススケジュールにMax Payne 3の記載無し

なお、会計報告で行われた投資者向けの質疑応答にて、Take-TwoのCFOを務めるLainie Goldstein氏が「Max Payne 3に関する最新情報は現段階では有りません」と語った事が明らかになっています。

Take-TwoのQ3会計報告概要

12月31日に終了したTake-Twoの第3四半期の会計は、純売上が前年比から7%減の3億3430万ドルとなり、同社が明らかにしていた2億9000万ドルから3億1500万ドルの予想収益よりも良好な結果となりました。また純利益も前四半期から4080万ドル/7%の上昇を見せています。

さらに、今会計年度の9ヶ月間の総売上は前年比80%成長の9億5460万ドルに増加、継続事業からの非GAAP利益は前年の6750万ドルから1億880万ドルにまで好転しています。

Take-TwoのボスStrauss Zelnick氏はこの好調が5連続で予想収益を上回る四半期会計である事をアピールし、ホリデーセールスの成功を含め、豊富なトリプルAタイトルが揃うTake-Twoのポートフォリオの実力を実証したと喜ばしいコメントを発表しています。

今後もL.A. NoireやDuke Nukem Forever、XCOMにBioShock: Infiniteと、期待の超大作が並ぶTake-Twoのラインアップは、より会計状況を盤石な物と成長させる事は間違いなさそうです。

情報元:VG247, Brutal Gamer, Joystiq

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその124
「4コマ:千里眼」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.