コンパニオンキューブ!「Portal 2」の新スクリーンショットが大量に登場、そして気になる”Half-Life 2″との関連も……

2011年3月1日 12:26 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Portal 2」 ポータル 2
ああコンパニオンキューブかわいい

先日はValveによるプレス向けデモンストレーションも行われ、シングルキャンペーンの序盤やプレイフィールなどが報じられている「Portal 2」ですが、本日開催を迎えたGDCでのSteamに関する新発表と共に、Portal 2の新スクリーンショットが公開されました。

今回登場した大量のスクリーンショットやアートワークには前作に続いて主人公を務めるChellの姿やコンパニオンキューブも登場、4月20日のリリースが待ちきれない素敵なイメージが揃っています。

さらに、昨日には早くも実績リストが海外情報サイトに登場しており、Half-Life 2との関連を匂わせる実績が発見され内容が注目を集めています。Half-Life 2のネタバレを含む内容となっていますので、詳細についてはスクリーンショットの後でご紹介しまが、前述の通りHalf-Life 2とPortal 2の強いネタバレを含む内容になっていますので、閲覧にはくれぐれもご注意下さい

「Portal 2」 ポータル 2
「Portal 2」 ポータル 2
「Portal 2」 ポータル 2

「Portal 2」 ポータル 2
「Portal 2」 ポータル 2
「Portal 2」 ポータル 2
「Portal 2」 ポータル 2
「Portal 2」 ポータル 2
「Portal 2」 ポータル 2
「Portal 2」 ポータル 2
「Portal 2」 ポータル 2
「Portal 2」 ポータル 2
「Portal 2」 ポータル 2
「Portal 2」 ポータル 2
「Portal 2」 ポータル 2

「Portal 2」には「Half-Life 2: Episode Two」と「Half-Life 2: Episode 3」を繋ぐ”何か”が描かれる?

「Portal 2」 ポータル 2
Half-Life 2: Episode Twoに登場したBorealis号

昨日Xbox360AchievementsがPortal 2の実績リストを掲載、”You Monster”や”Still Alive”、”Narbacular Drop”(Portalの前身タイトル)など、Valveらしいひねりが加えられたユーモア溢れる内容が散見される中、“失われた実験を発見する”事で達成される”Ship Overboard”(※ 海中の船)と名付けられた実績が登場、これがHalf-Life 2: Episode Twoに登場したアパーチャサイエンス社のBorealis号では無いかと話題になっています。

なお、Half-Life 2: Episode TwoにおけるBorealis号の登場はゲームの終盤で、ネタバレを避けるため詳細は省きますが、エピソード3ではゴードン博士がこのBorealis号内に存在するとされるアパーチャサイエンス社が”原因不明の大事故”で失った技術を得る為に潜入すると予想されています。

本編では、クライナー博士が提案したこの作戦に対し、アリックスの父親でもあるイーライ博士がこの技術が制御できる様な類のものではないと反対するシーンが描かれており、このアパーチャサイエンスの技術や事故がPortalと関連する何かであることはこれまでの幾度となく述べられてきました。

さらに、Portal 2が発表された際に登場した、前作”Portal”のラジオパッチの解析からはBorealis号の設計図とおぼしきイメージが発見されており、必要な符丁は十分に揃っているとも言えます。

Portal 2にて水中に沈んだ船で発見される失われた実験が一体何を指しているのか、Borealis号の登場についてはValveはこれまでかなり周到に準備を進めてきた経緯もあり、遂にエピソード3やアパーチャサイエンス、そしてブラックメサの関係に迫る何かが描かれる事になるのか、期待が高まります。

Half-Life 2: Episode TwoでのBorealis号登場シーン
情報元:Joystiq, VG247, Hilo Oficial

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.