遂に公開される「The Elder Scrolls V: Skyrim」のライブデモは5分以上のボリュームに、Q&Aセッションからの新情報も

2011年6月6日 17:32 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Elder Scrolls V: Skyrim」 エルダースクロールズ V スカイリム

本日深夜にSpikeとGametrailersにて放送されるマイクロソフトの“Xbox 360 Media Briefing”後に公開が予定されている「The Elder Scrolls V: Skyrim」初のライブデモですが、Geoff Keighley氏がこのデモの概要について“5分以上のゲームプレイ”が用意されているようだとTweetしました。

また、海外情報サイトのXbox360AchievementsがThe Elder Scrolls V: Skyrimのリードデザイナーを務めるBruce Nesmith氏とのQ&Aセッションを公開、以下の様な情報が明らかになっています。

Skyrimの生態系について

今朝ご紹介した新情報にてダイナミックな生態系が用意されている旨をお伝えしましたが、Nesmith氏によるとThe Elder Scrolls V: Skyrimに登場する生物たちには、それぞれ捕食する側/捕食される側、味方/敵の定義が用意されており、これによりマンモスの群れと共に歩むジャイアントや、ウサギや鹿を群れで狩るオオカミなどの存在が実現されているとのこと。

アイテムルートはランダム性を維持したまま、よりコントロールされる

ルートアイテムがランダムに用意されているかとの質問に答えたNesmith氏は、新しいアイテムドロップのシステムが前作よりもコントロールされたランダム性を実現していると発言、例えばネクロマンサーが野党と同じアイテムを落とさないなど、グループ分けされたテーブルからランダムにアイテムがドロップすると説明しました。

さらにクエストからの報酬はより特定のアイテムを与えるようになり、多くのユニーク品が登場すると発言。TESシリーズの特徴は豊富なルート品だと述べ、ポーションやスクロール、アルケミーの材料、装身具、宝石などは言うに及ばず、多数の武器やアーマーなど数千のアイテムが登場するとアピールしています。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.