「Batman: Arkham City」にロビンがプレイアブルキャラクターとして登場、チャレンジモードやキャットウーマンの情報も

2011年6月15日 16:08 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Batman: Arkham City」 バットマン アーカムシティ

Rocksteadyが開発を進めているバットマンシリーズ続編「Batman: Arkham City」、E3開催前にはプレイアブルキャラクターとしてキャットウーマンの参戦が判明、新たなヴィランとして手下を従え登場したペンギンなど、ゲームプレイの全容が明らかになりつつあります。

昨日、Batman: Arkham Cityのプレイアブルキャラクターとしてロビンが登場するとの噂が報じられ注目を集めていましたが、本日公式フォーラムにてロビンがBatman: Arkham Cityの新しいチャレンジモードで使用可能なキャラクターとして登場することが発表されました。

今回はロビンの情報に加え、E3会場で発見された謎の音声ファイルから判明したキャットウーマンの中の人に関する新情報、そして今作にマルチプレイヤーモードを搭載しなかったRocksteadyの決定についてSefton Hill氏が語った内容をお知らせします。

まず本日参戦が判明したロビンはTim Drake扮する3代目のロビンとのことで、前作にも含まれていたチャレンジモードを改善した新モードで使用可能なキャラクターとして登場。発表には大手小売店のプレオーダーで早期アクセスが可能になると記されており、どうやらアンロックキャラクターとして登場するであろうことと、新しいチャレンジモードにこういったアンロックコンテンツが用意されていることが窺えます。

なお、来週にはより多くの詳細が発表されるとのことで、まだ全く情報が登場していない新しいチャレンジモードについても具体的な続報が登場するのではないでしょうか。

E3会場で展開されたARGプロモーションから「Batman: Arkham City」に登場するキャットウーマンが初代セリーナ・カイルと判明、さらにホリー・ロビンソンも登場か

先週行われたE3会場では、どうやらARG的なプロモーションが進められていた模様で、Arkham Cityブースにてヒューゴ・ストレンジ教授やトゥーフェイス、そしてキャットウーマンの会話が収められたカセットテープが発見され、注目を集めていました。

上掲の映像はこのカセットテープに録音されていたヒューゴ・ストレンジ教授がキャットウーマンを尋問している様子を収めたもので、会話からはBatman: Arkham Cityに登場するキャットウーマンが初代のセリーナ・カイルであること、ヒューゴ・ストレンジ教授がバットマンに関する何らかの情報を聞きだそうとしていること、そしてセリーナ・カイルの口を割らせる為に2代目キャットウーマンであるホリー・ロビンソンに危害を加えようとしている様子がはっきりと窺えます。

バットマンシリーズは主人公を含め代替わりするキャラクター達が多く存在しており(※ アメコミの特徴とも言えます)、中の人によって全くキャラクターが違う場合もあることから“どの”キャラクターが登場するのかは割と重要なポイントと言えますが、今回のキャットウーマンに関するアプローチに見られる代違いのキャラクター間への言及は、ファンにとって非常に興味深い内容だと言えそうです。

「Batman: Arkham City」にマルチプレイヤーを導入することは“イージーな選択”だった

キャットウーマンがプレイアブルキャラクターとして登場することが以前から示唆されていたことを根拠にマルチプレイヤーの搭載が長らく噂されていたBatman: Arkham Cityですが、今年の2月にはディレクターを務めるSefton Hill氏がマルチプレイヤーの採用をはっきりと否定、あくまでバットマンとしてゲーム世界を体験することに集中していると明言していました。

そんな中、E3会場でSefton Hill氏が本作のマルチプレイヤー非搭載の理由について言及、昨今の大作ゲームの潮流から離れたRocksteadyの決定が“大胆な決定”だったと述べつつ、今作の物語を伝える為に不可欠でないマルチプレイヤーを搭載することは“イージーな選択”に過ぎないと断じ、もし安易な決定を進めていれば現在のクオリティのゴッサムシティを失う代わりに、平均的なマルチプレイヤーを手に入れていただろうと振り返っています。

この決定が恐らく間違いのない選択と考えられるボリュームのシングルプレイヤーを搭載し、歴史あるキャラクターの掘り下げ方に物語的な期待も高まるBatman: Arkham Cityの北米リリースは10月18日、オーストラリアは10月19日、ヨーロッパが10月21日で、対応プラットフォームはPS3とXbox 360、PCとなっています。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.