ど派手なアクションとトラッドなRPG要素がたっぷり確認できる「Kingdoms of Amalur: Reckoning」のプレイ映像が登場

2011年6月22日 17:22 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Kingdoms of Amalur: Reckoning」

大リーグの名投手カート・シリング氏が率いる38 Studiosの処女作「Kingdoms of Amalur: Reckoning」、“Spawn”のトッド・マクファーレン氏に“ダークエルフ物語”のR.A.サルバトーレ氏、そして“The Elder Scrolls IV: Oblivion”のリードデザイナーを務めたKen Rolston氏など豪華なスター開発者が一堂に集う大作アクションRPGとして大きな注目を集めています。

これまで幾つか登場したプレイ映像やトレーラーなどではアクションRPGのアクション面にスポットを当てた映像が多く見られましたが、今回はE3でのインタビューとゲームプレイを収めたプレイ映像をご紹介。RPG的な要素やオープンワールドな世界構成など、興味深いあれこれが17分に渡って収められています。

映像には街中でNPCから盗みを働く主人公の様子や、それを街のガードに発見され懲罰の選択を行う様子、街中でのクエスト発生や楽しそうなアイテムクラフトの様子などが収められており、アクション性だけでなくRPG的な要素も山盛りにされた豊かなゲーム性が見受けられます。

また、オープンワールドタイトルとして開発されている本作らしく、街の屋外(屋内エリアはロードと切り替え有り)からそのまま郊外へと狩りに移動する様子が描かれると共に、映像の12分地点ではファストトラベル機能による移動手段が用意されていることも判明しています。

11分前後にはキャラクターのスキルツリーも登場、今作のキャラクターカスタマイズは非常に柔軟で、既存のファンタジークラスに囚われず、大きな武器を振り回しながら、攻撃魔法を唱え、何かを召還するような全部入りキャラクターを作る事も可能となっていることがE3前後のプレビュー情報などで伝えられていました。

戦闘モーションやリズム・スピード感が本当に楽しそうな期待のアクションRPG“Kingdoms of Amalur: Reckoning”のリリースは2012年予定で、対応プラットフォームはXbox 360とPS3、PCとなっています。

先日公開されたE3トレーラー
「Kingdoms of Amalur: Reckoning」
「Kingdoms of Amalur: Reckoning」
イメージ:Facebook

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.