NPCとの結婚システムやドラゴンによる建造物の破壊など、「The Elder Scrolls V: Skyrim」の新情報が大量に登場

2011年7月6日 11:28 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Elder Scrolls V: Skyrim」 エルダースクロールズ スカイリム

Bethesdaが開発を進めているTESシリーズの最新作「The Elder Scrolls V: Skyrim」についてファンから寄せられた25の質問に、ディレクターとしてお馴染みのTodd Howard氏とリードデザイナーのBruce Nesmith氏、そしてリードアーティストのMatt Carofano氏が答えた質疑応答が本日公式フォーラムに掲載され、新しい情報が大量に登場しました。

今回判明した情報は、NPCとのロマンスを含めた結婚システムを始め、ドラゴンが建造物を破壊するケースが発生することや、装備関係の詳細な情報など多岐に渡る内容になっており、The Elder Scrolls V: Skyrimが事前情報通り巨大なゲームであることの片鱗が窺い知れる興味深い内容がたっぷりと登場しています。質疑応答から判明した新情報をは以下からご確認下さい。

ゲームシステム全般の新情報

  • NPCとの友好関係とは別にロマンスが存在し、仲間として冒険を共にするだけでは無く、結婚も可能
  • プレイヤーが家を所有すれば配偶者も新居に引っ越してくる
  • ドラゴン達は印と爪痕を各所に残すが、まれに建造物を破壊することもある
  • ドラゴンにより行われる建造物の破壊はダイナミックなプレイ要素
  • Todd Howard氏がメインストーリー終了後のフリープレイが可能であることを改めて明言
  • The Elder Scrolls V: Skyrimは1つの物語を語る事にフォーカスしており、メインクエスト中に事態を変更可能な際には決断するポイントが用意されているが、全体としては1つの物語が描かれる
  • 代わりにサイドクエストは多くの分岐を持つ
  • クリーチャーに変化する魔法が存在するかどうかについては、リリースが果たされるまで秘密にしておく予定
  • 酒場での喧嘩が用意されている
  • PC版に64bit専用のプログラムは現在のところ用意されていない
  • Mark/Recallスペルは登場しない
  • アニメーションシステムは完全に刷新され、性別で違うアニメーションが適用される、動物の種もそれぞれに特定のアニメーションを有している
  • 生産システムの武器やアーマー作成において、グレードに分けられた特別な生産道具などは用意されておらず、“Smithing Bench”や“Forge”でこれを行う

戦闘にまつわる新情報

  • ドラゴンは複数のシャウト、爆撃、敵への掴みなど多くの攻撃方法を持つ
  • 剣やシールド、弓、魔法、ポーションを持つ敵はそれらの装備を全て利用しながら戦闘を行う
  • コンパニオンは能力を持つがスキルツリーなどは存在しない

アイテム全般に関する新情報

  • アーマーシステムはOblivionに非常に似ており、上半身用のアーマーと下半身用のアーマー(CuirassとGreave)が統合されたが、デザインのトレードオフによって開発出来る量が増えたことから、数とバリエーションはこれまでよりも多くなった
  • 敵の種類とルート品の内容は“エンカウンターゾーン”をベースに決定され、プレイヤーの現在のレベルと比較して高低が選ばれる
  • 伝説的なアイテムや特別なアイテムのルートには新しいコンセプトを用意しており、多くの状況や地域(エンカウンターゾーン)に関わらずランダムで入手可能で、プレイヤーのレベルが高く良いゾーンでのルートではより良いアイテムが獲得可能
  • セットアイテムもランダムで登場
  • Daedricアーティファクトなど、非常に強力な装備が存在する
  • 槍は登場させたいが、優先順位と開発時間の問題から困難
  • 中装鎧は登場しない
  • 最もレアな装備としてドラゴンのアーマーが存在し、ライトとヘビーのバリエーションが存在する

エンチャントシステムについて

  • エンチャントシステムはOblivionに準拠しておりソウルジェムで補充する必要があるが、システム全体はスキルに変更された
  • 魔法効果の付与されたアーマーは常時効果が発揮され、ソウルジェムでの補充は必要無い
  • 各地にエンチャント用の装置が用意されている

種族や性別、キャラクター作成などについて

  • プレイヤーキャラクターのカスタマイズは各種族にヘアスタイル、あごひげ、傷跡、フェイスペイントが用意されている
  • 顔の作成システムは完全に作り直された
  • 各種族と性別には体型のカスタマイズも用意されており、軽量から重量級まで任意の状態を選択可能
  • 種族間の違いはこれまでと似たもので、異なるパッシブアビリティや能力が存在する
  • 例1:Khajiitは暗視能力を持つ
  • 例2:Orcはバーサーク能力を持つ
  • 例3:Redguardsはアドレナリンラッシュを持つ
  • 性別によるスキルと能力の差は無い
  • 種族間で移動速度に差は無く、移動速度はアーマーと装備によって決められる
  • キャラクターの善/悪行はFalloutのカルマやOblivionなどと同様に数値は提供しないが、内部では存在している
  • 今作のプレイヤーキャラクターは“喋る”、各種族と性別毎にボイスが用意されている
情報元:Systemlink

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.