Todd Howard氏が「The Elder Scrolls V: Skyrim」にヴァンパイアの登場と吸血鬼化プレイの存在を明言

2011年9月12日 11:34 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Elder Scrolls V: Skyrim」

先日開催されたPAX Prime 2011にプレイアブル展示された「The Elder Scrolls V: Skyrim」ブースにてG4TVのインタビューに応じたTodd Howard氏が、先日から登場が判明していたヴァンパイアの存在について言及、ゲームへの登場を明言すると共に、まだ確認が取れていなかった“感染”によってプレイヤーがヴァンパイア化する吸血鬼プレイが今作にも用意されていることが遂に明らかになりました。

ヴァンパイアとの戦闘時に傷を負わされることによって感染する可能性が生じる吸血鬼病(※ TESシリーズでは感染症として描かれている)ですが、感染しある程度の潜伏期間を経て吸血鬼化したプレイヤーは治療を目指すだけでなく、そのまま吸血鬼としてプレイを続けることが可能で、太陽光によりダメージを受けながらも、より強力なステータスを手に入れ、人間の血を食料にする闇の住人としてSkyrim地方での生活を送ることが出来ます。

色々と制限の多い吸血鬼プレイですが、Todd Howard氏はヴァンパイアのままでドラゴンを倒す事も可能だと語っており、カジートの爪に続く新たなエクストリームプレイとして人気を集めることとなりそうです。

以下、Todd Howard氏がヴァンパイアについて語るインタビュー映像と、後ろに見えるプレイアブル展示からダンジョンの扉を開けるためのパズルなども収められた興味深いプレイシーンのまとめ映像を併せてご紹介します。

情報元:G4tv, Gamersbook, Gamersbook

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその130
「2コマ:想像通りの美食家」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.