[BlizzCon] 「Diablo III」のゲームプレイ映像やキャラクタービルド、PvPデモに関する新情報まとめ

2011年10月22日 18:33 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Diablo III」 ディアブロ III

BlizzConの開催と共に大量の情報や映像、イメージなどが登場しているBlizzardタイトル関連のニュースですが、今回は初日に行われたパネルやデモ展示などから明らかになった「Diablo III」の新情報と映像をまとめてご紹介します。

BlizzCon 2011で公開された「Diablo III」の新ビルドと思われるプレイ映像

今回新たに公開されたプレイ映像は約3分半の内容ながら、地獄に近い領域と思われる新ロケーションや5クラスそれぞれのソロプレイが収録されており、各クラスの使用スキルには各種ルーンストーンの効果も確認、ウィッチドクターの巨大ペット(Gargantuan)など見所満載のプレイ映像となっています。

「Diablo III」におけるキャラクタービルドのバリエーションは約2兆8000億種類

本日開催されたDiablo IIIのパネルディスカッションに登壇したBlizzardのJay Wilson氏が今作のキャラクタービルドに言及、なんと2兆8000億種類にも達する凄まじいバリエーションの豊富さを実現していることを明らかにしました。

シリーズをプレイ済みの方であれば結局のところ強ビルド1択となりがちなこれまでの状況を十分に味わっているかと思いますが、Wilson氏はいずれにしろ最も強く効率的なビルドが模索される事を認めた上で、Blizzardはその他のビルド達が十分にプレイ可能であることを目指していると語り、常軌を逸したエクストリームなビルドにもスポットを当てている例として、召還縛りのウィッチドクター単身Hell難度プレイや、ショートレンジのスキルを使用する肉弾ウィザードといったビルドのプレイ映像を公開しました。

また、会場では片手斧とシールドをメイン装備に戦うデーモンハンターも登場したとのことで、今回の変態ビルド育成とその幅に期待が高まるところです。

「Diablo III」の全アイテムの実に70%がナイトメア難易度以降に登場する

本日メインステージで行われたパネルディスカッションではDiablo IIIの難易度レベル(ノーマル、ナイトメア、ヘル、インフェルノの4段階)に関する講演が行われ、本作に登場する全アイテムの内、実に70%ものアイテムがナイトメア難易度以外に登場することが明かされました。

メインステージに登壇したBlizzardの開発者達はこういった高レベルコンテンツの充実について、Blizzardがユーザー全員のためにハードコアなゲームを作っていると明言、Diablo IIIでは初期のゲームを体験するカジュアルゲーマーをハードコアゲーマーに転じさせることを目的に初期(ノーマル)のゲームを開発していると力強く語りました。

彼らはこういった見地から、ノーマルレベルのAct1全体がチュートリアルとして設計されていることも明らかにしています。

新たにプレイアブル展示された「Diablo III」のPvPデモ

今回のBlizzCon会場には対人戦が可能なアリーナの新ビルドによるデモも出展されており、沼地の墓地風(Act1の後半に近いテイスト)な外観の闘技場を舞台に、15分間のデスマッチをチームのキル数で競うモードが用意されていたとのこと。

なお、今回のアリーナデモには60レベルで9000のHPを持つキャラクター達が用意されており、15分に渡る4vs4のチーム戦のスコアの一例として49-50という結果が提示されており、かなりペースの速い戦闘が楽しめる様子が窺い知れます。

UPDATE:10月23日22:00
アイテムの登場難易度の記載に間違いがあったため一部表現を修正いたしました。ご指摘いただいた読者の方ありがとうございました!

情報元及びイメージ:PC Gamer, PC Gamer, IncGamers, IncGamers

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.