“L.A. Noire”を手掛けたBrendan McNamara氏の新作は「Whore of the Orient」、KMMが権利取得を発表

2011年11月28日 14:56 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「McNamara」

今年5月にRockstar Gamesからリリースされ、歴史に残る革新的なタイトルとなったTeam Bondiのアドベンチャータイトル“L.A. Noire”ですが、ローンチ以降Team Bondi周辺では多くのビジネス的なトラブルが続き、9月には残念ながらスタジオが閉鎖されてしまいました。

スタジオ閉鎖にあたって、多くのTeam Bondiスタッフが映画“マッドマックス”の監督/脚本で知られるジョージ・ミラー氏率いるオーストラリアのKennedy Miller Mitchell Interactive(以下:KMM)に移籍したことが判明、さらにTeam Bondiを率いたBrendan McNamara氏はフリーランスで次回作の構想を進めていることが報じられていましたが、本日なんとKMMがBrendan McNamara氏の新作タイトル「Whore of the Orient」の権利を取得したと発表しました。

これはFinancial Reviewのインタビューに応じたKMMの共同創設者で映画“ベイブ”や“ハッピー・フィート”のプロデューサーとして知られるDoug Mitchell氏の発言から明らかになったもので、Team Bondiチームの雇用を改めて報告したMitchell氏はBrendan McNamara氏の新作開発にTeam Bondiの元スタッフ達が取り組む事を示唆しています。

さらに、これまでGod of Warをジャッフェと共に誕生させ、God of War IIのディレクターを務めたCory Barlog氏が率いるKMMの新スタジオが、“Just Cause”シリーズで知られるAvalancheと共に開発を進めていた“マッドマックス”シリーズ新作映画“Mad Max 4: Fury Road”のゲームタイトルについても言及が行われており、Team Bondiチームの雇用によりジョージ・ミラー監督の意向が変わり、ワーナーからの支援を受けてTeam BondiチームがFury Roadの開発にあたることが明らかになりました。

かなり複雑に入り組んだ状況ながら、元サヤとも言えそうな体制が整ったTeam Bondiチーム、若干出来すぎな流れに見えなくもありませんが、ワーナーとKMMの強力なバックアップを得て登場するBrendan McNamara氏の新作“Whore of the Orient”の名が示す東洋の魔都“上海”と、前回のインタビューでMcNamara氏が語った“20世紀に発生した大きな出来事で、かつ語られることのない物語の1つ”がどんな融合を見せるのか、今後の続報が非常に楽しみなところです。

情報元:VG247

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその120
「4コマ:今更クエストなので、さっさと終わらせます」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.