物語的な充実を図る「Borderlands 2」のダイアログ量は前作の6~10倍に、PCユーザーには“Claptrap”からのラブレターも

2012年3月17日 16:16 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Borderlands 2」

9月18日の海外ローンチに向けGearboxが開発を進めているシリーズ続編「Borderlands 2」、これまで武器や戦闘システムの大幅な改善を始め、進化したキャラクター成長システム、そして前作に続く個性豊かななキャラクター達など、来る次回作の魅力を多くご紹介してきましたが、Borderlands 2では前作においてあまり十分とは言えなかったストーリーについても大きな改善がもたらされることが明らかになりました。

これは本作のリードライターAnthony Burch氏がGamesRadarに対し明かしたもので、本作がストーリーに大きくフォーカスした作品だと主張した氏は、今作のダイアログ量が前作の少なくとも6倍から10倍近くに達していると述べ、これが前作のプレイヤーから寄せられたフィードバックに基づいた決定だと説明しました。

Burch氏は、前作に魅力的なキャラクターと、クールな瞬間が確かに存在したが、ゲーム世界自身については十分に伝えられなかったと述べ、その多くがミッションの前後に提示されるテキストから類推するしかなかったと語り、今作ではミッション自体がストーリーに統合され、プレイヤーに語りかけるキャラクター達が多く登場するとストーリー全体の強化をアピールしています。

PC版「Borderlands 2」の改善を謳う“Claptrap”からのラブレターが公開

「Borderlands 2」
本日“Claptrap”から届いたラブレターの文面、可愛いのう

ストーリーの全体的な強化が示されたBorderlands 2ですが、もう1つ前作で残念な状況となっていたPC版についても改善が実現される様子で、本日公式サイトにお馴染み“Claptrap”がPCユーサーに当てたラブレターが公開されました。

この素敵なラブレターは次回作におけるFoVスライダーや、マウスが使用出来るメニュー、マウスホイールへの対応、キーボードとマウスのバインド設定など、前作に足りなかった機能の追加を告げるもので、“Claptrap”のキュートなイラストと共に以下の様な改善が明示されました。

  • FOVスライダー
  • マウスが利用可能なメニューとマウスホイールによるスクロール
  • キーボードとマウス用のリマップ可能なキーバインド
  • PC専用UI
  • ネイティブなマルチプレイヤーマッチメイキング
  • プッシュ・トゥ・トーク機能
  • Logitechキーボードのサポート
  • オフラインモードを含むLANサポート
  • コントロールパッドサポート
  • V-Syncオプションの統合
  • 高解像度表示のサポート
  • 完全な無効化も可能なマウススムージングオプション
  • クラウドセーブ対応
  • 実績サポート
  • フレンドリスト対応
  • ポート解放要求の取り下げ
情報元及びイメージ:Gameranx, GamesRadar

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.