「Deus Ex: Human Revolution」は“Deus Ex”の魂を確かに捕らえた、ウォーレン・スペクター氏が評価

2012年3月19日 17:20 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Deus Ex: Human Revolution」

先日、Junction Pointの来る新作について遂に具体的な情報を語り始めたウォーレン・スペクター氏の発言をご紹介しましたが、このGamesIndustryに掲載されたインタビューではEidosのモントリオールスタジオが開発を手掛けたシリーズ最新作「Deus Ex: Human Revolution」に対するウォーレン・スペクター氏の興味深い見解が記されていました。

かつて2010年のgamescom会場にて、Eidosのブースを氏が訪れ、好意的なレスポンスを受け取ったことが報じられたHuman Revolutionでしたが、今回のインタビューでウォーレン・スペクター氏はHuman Revolutionがオリジナルに存在した清濁合わせ飲んだグレーな要素をしっかりと感じさせたと評し、“Deus Ex”の魂を確かに捕らえたと語りました。

ただ、一方でウォーレン・スペクター氏の奥さんがHuman Revolutionをプレイした際に何度か悲鳴を上げるようなシーンがあった事を挙げ、“なぜこのようなことをしたのか”と感じた要素が存在したと明かし、ただしこれが正否の問題では無く、自身が期待したものと異なっていたと感じたに過ぎないと説明しています。

ゲームのエンディングを迎え、全体として“Deus Ex”的な経験がもたらされたと確認した氏は、これらを踏まえた上でEidosがゲームが描くゴールについてオリジナルとは違ったデザイン決定を下したことを理解したと明かしました。

今後、機会があれば初代“Deus Ex”と“Deus Ex: Human Revolution”の間に流れるゲームシステムの差に注目した論文を発表したいと語った氏は、同じゴールを異なる方法で実現しようとするゲーム哲学を合わせ見るのはとてもクールなことだと発言。そんな意欲をかき立てるDeus Ex: Human Revolutionが本当にクールで楽しい経験だったと、新たに生まれ変わったシリーズの一歩を高く評価しました。

次回作では再びウォーレン・スペクタータイトルの代表作でもあるThiefの新作を手掛けるEidosモントリオールですが、Human Revolutionを踏まえさらに魂の本質を捕らえる新作へと昇華することが出来るか、来るお披露目が今から楽しみなところです。

情報元及びイメージ:VG247

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.