「Borderlands 2」のハンズオンプレビューが一斉に解禁!スキルや銃器メーカーの詳細など新情報まとめ

2012年4月4日 23:53 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Borderlands 2」
今作ではNPCとして登場するMordecaiさん

先ほど7分に及ぶ未見のゲームプレイとスクリーンショットの数々をご紹介した「Borderlands 2」ですが、これらの公開と併せてGearboxがメディア向けに行ったハンズオンイベントのレビューが一斉に解禁され、大量の新情報が明らかになりました。

本日は先ほど公開された大手メディアによるハンズオンプレビューから判明した新情報を一気にまとめてご紹介します。

まずは先ほど公開されたプレイ映像からどうぞ

ゲームシステムや戦闘に関する新情報

  • オンラインと分割スクリーンに対応したCo-opモードは途中参加可能
  • 前作の義務的なミッション構造はオーバーホールされ、後戻り要素が縮小された
  • 前作で任意のミッションを終えたプレイヤーと終えていないプレイヤーのCo-opプレイが難しかった問題を解決し、進行の遅れているフレンドと協力プレイを可能にするため、ミッションステータスのリセットが可能になった
  • 前作Borderlandsは400万本を販売した
  • 前作に登場したMoxxiとMarcusのどちらかに報告を行う“選択”可能なミッションが登場、報酬以外にストーリー展開にも変化をもたらす模様、なお今回この選択が見られたクエストはMoxxiのヌード写真を回収するというものだった
  • 洞窟内に登場したカニ風のクリーチャーは爆発ダメージやグレネードに対する耐性が見られたが、装甲の弱い箇所が弱点だった
  • デモレベルでMordecaiの登場が確認され、誘拐された彼のBloodwingを取り戻すミッションが提示された
  • プレイヤーキャラクターの外観に関するカスタマイズについてGearboxは何か考えているようだ
  • 前作にも登場した犬型のクリーチャー“Skag”が弱い仲間を呼び寄せる能力を身につけた
  • 1時間のプレイ中に約20種もの敵が確認された
  • 属性エフェクトが前作よりも遙かに効果的となった
  • 経験値やスキルポイントとは異なる新しいステータスとして、Badassポイントが導入された
  • Badassポイントはより困難で激しいチャレンジに対し与えられるが、Gearboxはこれが何に利用されるか明かさなかった(※ 何らかのソーシャル要素との予想も)

プレイヤークラスに関する新情報

  • ハンズオンデモでは20スキルポイントが与えられ、一定のビルドを試すことが可能だったが、Mayaの場合ヒールとデバフにフォーカスしたサポートタイプと、敵の行動を止める強力な“Phaselock”を使用する攻撃タイプが作成できた
  • Mayaの“Phaselock”は敵を空中に固定するだけでなく、Phaselock中にダメージとヘルスボーナスを得るアップグレードも存在する
  • MayaはLilithよりもヒーラー能力が強化されている
  • Mayaには離れた場所から蘇生可能な能力が存在する
  • Mayaのスキルツリーは“Motion”と“Harmony”、“Cataclysm”の3カテゴリで構成されている
  • “Motion”ツリー最初のアビリティ(※ 名称確認出来ず)はシールド容量とリチャージ時間を改善し、弾丸ダメージを増加させた
  • “Harmony”ツリー最初のアビリティ“Sweet Release”はPhaselockされた敵がMayaと味方をヒールするLife Orbを生み出す
  • “Harmony”ツリーのアビリティ“Mind’s Eye”はクリティカルヒットと近接ダメージの強化
  • “Cataclysm”ツリーのアビリティ“Flicker”は炎上、ショック、腐蝕、Slag属性を持つ武器の追加効果発生チャンスを増幅させる(※ Slagについては後述)
  • “Cataclysm”ツリーのアビリティ“Helios”はPhaselockされた対象の周辺に存在する敵全てにダメージを与える能力を付与する
  • “Cataclysm”ツリーのアビリティ“Immolate”はMayaの体力と引き替えに火属性ダメージを銃の射撃に付与する
  • “Cataclysm”ツリーのアビリティ“Backdraft”はMayaのシールド消耗時に爆発ダメージを周辺に向けて解放する
  • GunzerkerクラスであるSalvadorのプレイは瀬戸物屋の店内でボーリングの球を投げるといった表現が相応しい
  • CommandoクラスのAxtonが利用するカスタマイズ可能なタレットは天井にも設置可能(※ インタビューから判明)
  • Assassinクラスの“Zero”は敵を欺くために自身のコピーを作成することができる

武器に関する新情報

  • 武器に付与される新しい属性として“Slag”が登場、Slag状態となった敵はより多くのダメージを被ることとなり、低精度で高ダメージ武器に新しい可能性をもたらす
  • スコープ付きの武器にはロックオン可能な物が存在した(※ ロケットランチャーなど)
  • Borderlands 2に登場する武器メーカーは8社、それぞれに以下の様な特徴付けが行われている
    • Torgue社:ビッグでマッチョな爆発のみを追求した80年代のマシンガンで、デザインは40~50年代の航空機やオートバイにインスパイアされた
    • Hyperion社:Claptrapやロボットにインスパイアされた銃器が特徴
    • Jakobs社:西部劇の影響が見られる正確でダメージが高い武器が特徴
    • Vladof社:ロシア風のデザイン、より長い射撃を可能にする複数バレルなどが特徴
    • Dahl社:バースト射撃と精度の高さが特徴の現代的な銃器が特徴
    • Maliwan社:最先端技術にフォーカスしたSFファン向けの銃器が特徴で、Apple社のデザインやオーストラリアの自動車メーカーなどが参考となった
    • Tidor社:型抜きのプラスチック成型の様なチープなデザインが特徴で、弾薬が不足する場合には武器その物をグレネードの様に投擲し利用可能、Tidor社のロケットランチャーは使用後にジャベリンの様に投げつけることが出来る
    • ※ 残る一種はBandid達の無骨な銃器達
  • 参考として、ハンズオンデモでは以下の様な銃器の登場が確認された
    • Hyperion Hot Button SMG:ダメージ105 / 精度93.3 / 連射率8.5、生物に対し効果的、軽量の敵を燃やすチャンス有り
    • Torque Gyrojet Rifle:ダメージ132 / 精度82.5 / 連射率4.0、敵を爆発させるチャンス有り
    • Vladof Expansive Spinigun:ダメージ121 / 精度81.7 / 連射率10.8、装甲に対し効果的
    • Hyperion Amplified SMG:ダメージ78 / 精度92.8 / 連射率8.3、Slagエフェクトのチャンス有り
    • Maliwan Electrified Aegis:ダメージ136 / 精度80.8 / 連射率2.5、シールドに対し高い効果、感電死のチャンス有り、高いエレメンタルダメージ
    • Maliwan Scarlet Rakehell:ダメージ351 / 精度90.0 / 連射率1.9、生物に対し高い効果、軽量の敵を炎上、高いエレメンタルダメージ
    • Bandit Rockit Launcher:ダメージ1079 / 精度58.3 / 連射率1.0、敵を爆発させるチャンス有り

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.