「Hawken」の実写短編映像シリーズが製作決定、“Gears of War”のアートディレクターJerry O'Flaherty氏が監督

2012年4月19日 18:10 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Hawken」
撮影中の一枚、写真左がJerry O’Flaherty氏

先日開催されたPAX East会場にて遂にプレイアブル展示も行われたAdhesive Gamesのメックシューター「Hawken」ですが、本日公式サイトが更新され、ライブアクション短編シリーズの製作が決定したことが明らかになりました。

この短編シリーズはかつて初代“Gears of War”や“Unreal Tournament 3”のアートディレクターを務めたJerry O’Flaherty氏が監督を務める作品で、Unreal Engine 3によるインゲームのカットシーンと実写映像を組み合わせたユニークな映像の制作が進められているとのこと。

横山宏氏が産んだマシーネンクリーガーのデザインに強い影響を受けたと公言しているHawkenのデザイナーKhang Le氏も撮影に協力する短編シリーズの第1弾は今年6月5日から開催されるE3にて公開される予定となっています。

「Hawken」
情報元及びイメージ:Gaming Nexus, Kotaku, Digital Spy

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.