映画版「BioShock」の計画はまだ終わっていない、Ken Levine氏がインタビューで明言

2012年5月7日 16:20 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「BioShock」

2008年にゴア・ヴァービンスキー監督による映画化が発表されたものの翌年には計画が頓挫し、その後様々な続報や変遷(※ 詳細は過去記事にて)があった映画版「BioShock」ですが、先日発売されたEdge誌最新号にIrrational Gamesのボスとしてシリーズ最新作“BioShock: Infinite”の開発を率いるお馴染みKen Levine氏が登場し、映画版の状況について言及しました。

インタビューの中で、Ken Levine氏はヴァービンスキー監督による映画化作品の計画が潰えたことは、映画化そのものが終了したことを意味していないと語っており、現在はBioShock: Infiniteの開発に集中しているものの、キャスティングも含め映画化への注目を続けていると説明しました。

今年10月にリリースが予定されているIrrational Gamesによるシリーズ最新作“BioShock: Infinite”の登場がさらに映画化を後押しすることになるか、まずはInfiniteの仕上がりに期待!といったところでしょうか。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその135
「4コマ:開け損」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.