リッチなライティング技術にスポットを当てた「Arma 3」の解説映像と新スクリーンショットが公開

2012年5月25日 11:28 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Arma 3」

Bohemia Interactiveが開発を進めているシリーズ最新作「Arma 3」に使用されている新エンジン“Real Virtuality 4”のライティング技術にスポットを当てた解説映像とスクリーンショットが本日公開されました。

今回の映像は開催が迫るE3 2012に向けたものらしく、昼夜サイクルや非常にリアルな挙動を見せる指向性ライト、各種動的表現、超長距離ライティングなど、印象的なシーンが多数収録されているだけでなく、E3ではどうやら新ビルドのプレイアブル展示が予定されている様子も窺えます。

映像に解説を加えているBohemiaのリードアーティストPavel Guglava氏は、今作における技術的なゴールが常に“ライティングを可能な限り現実的なものにする”ことだと語っており、映像でも確認できるポイントライトや光の放射表現は夜間のミッションをとても楽しいものにするだろうとアピールしています。

「Arma 3」
「Arma 3」
「Arma 3」
「Arma 3」
「Arma 3」
情報元及びイメージ:DSOGaming

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその135
「4コマ:開け損」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.